沢山お持ちの中からジュエリーリフォーム③

着用しないジュエリーを沢山お持ちになって、Sさんに似合う華やかなジュエリーに作り変えて欲しいとのご希望を叶えたジュエリーリフォーム第3弾。

下の画像クリックすると拡大します
ジュエリーリフォームのBefore沢山お持ちになったジュエリーの中から3点を選びました。
《6》K18製台に擦りガラス状に研磨し水晶とルビーのリング。《7》K18製台のルビー・エメラルド・サファイアを使用したマルチペンダント。《8》Pt850製のシンプルなブルートパーズペンダントです。《6》を中心に《7》の宝石を月桂樹のように配して《8》のブルートパーズが下がるペンダントを考えてラフデザイン画を描いてご覧いただきました。

ジュエリーリフォームのAfter制作の過程で《6》のリングの部分を見たら両肩の部分に素敵なデザインが施されています。これをラフデザイン画のチエーンが通り三角形のバチカンに使えないかと職人に相談したところ、写真のように上手に加工して下さいました。

《7》のマルチペンダントのサファイアが3個なので左右対称にするにはサファイアを足すか減らすかのどちらかです。
そこでサファイアを1個減らし、《7》についていたメレーダイヤ6個を左右に3個づつ使いとの先端にマーキーズカットのダイヤモンドを配することにより、華やかさに豪華さが加わりました。

第3弾のペンダントをご覧になったSさん、『想像できなかった~!凄い!凄い!』の連発でした。最高の技術を持った手造り職人と石留職人の協力があったればこその結果です。喜ばれて幸せな気分になりました。ありがとうございます。


7/12(日)・13(月) インタージェム40周年記念ジュエリーフェア「誕生から未来へ」開催

インタージェム40周年記念ジュエリーフェア 「誕生から未来へ」が7月12日(日)と13日(月)の2日間インタージェムで開催致します。
スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
フェアの詳しい内容はフェアページをクリュクしてご覧ください。

沢山お持ちの中からジュエリーリフォーム②

着用しなくなったジュエリーを沢山お持ちになって、もっと華やかなSさんに似合うジュエリーに作り変えて欲しいとのご希望を叶えた第2弾。

沢山の中から《4》K18WGオーバル カボションカットの5弁の花3つのルビーペンダント《5》K18WGのラウンド カボションカットお花のデザインブローチを選びました。

シンプルにイメージを変えないでラフ画を描いてご覧いただき了承頂き、《5》のブローチの花の部分を《4》の下にレザーロー付けしました。

このジュエリーリフォームも大変お喜びになりました
ペンダントのジュエリーリフォーム画像をクリックすると拡大します


沢山お持ちの中からジュエリーリフォーム①

今まで何回もジュエリーリフォームを頼まれて、Sさんの為にデザインしたオリジナル、出来上がったをジュエリーをご覧になって絶大な信頼をよせて下さっています。

今回も着用しなくなったジュエリーを沢山お持ちになって、もっと華やかなSさんに似合うジュエリーに作り変えて欲しいとのご希望です。

信頼を裏切らないプレッシャーを感じています。

沢山の中から《1》K18WGダイヤモンドペンダントと《2》K18YGの色々な宝石が動くマルチペンダントと《3》SILVERのブルートパーズペンダントの3点を選び、全体のイメージを変えないで華やかなペンダントを考えてラフデザインを画きました。

《2》のペンダントからダイヤモンド・エメラルド・ルビー・サファイアを外して《1》にレーザーでロウ付けし、《3》をWGに作り変えてを《1》の下に動くように取付けて出来上がりました。

出来上がりを手にしたSさんの喜びの表情がどんな言葉より満足感を表していました。

ペンダントのジュエリーリフォーム画像をクリックすると拡大します


パール製品色々をジュエリーリフォーム

インターネットをご覧になってリフォームをしたいと色々お持ちになりました。

リフォームしなくとも素敵なジュエリーは、姿見を前にして全身をご覧になりながらコーディネートして差し上げました。
着用しないジュエリーだけ別にトレーに並べてAとBに分けたのが下の写真。

パールイヤリング他
A枠はパールネックレス用K18パールペンダントジュエリーにすることをご提案。
枠の右下のあるダイヤイヤリング片方をバチカンにすることにしてしました。
また、一番小さい真珠と同じサイズの真珠を3個加えました。
B枠は、若いときに使用したプチペンダントに真珠を下げることにしました。

ジュエリーリフォームAfter
使用しなくなったジュエリーが依頼されたご婦人のオリジナルジュエリーとなって甦りました。出来上がったのをご覧になられてお客様が『大学生の娘に取られそう。』と、とても嬉しそうでした。