ペンダントのジュエリーリフォーム

折角お嬢様に差し上げたアメジストペンダントなのに、『いらない』と言われたお母様、がっかりしてインタージェムにお持ちになりました。

アメジストの高貴な紫の色がK18の台で失われています。
既婚でお子さんも大きくなられた素敵なお嬢様には確かにお似合いになりません。

そこで、気品を表すのにペンダント枠に銀色のプラチナ900を使用。
華やかさを出すにダイヤモンド3個使いデザインしました。
アメジストの石留の仕方を覆輪留という留め方にしたら色に深みが出ました。

アメジストペンダント

出来上がったペンダンットをご覧になったお母様が『素敵になりましたね、娘に渡す前にしばらく私が着けます。』と大変喜んでいました。


9/11(金)~13(日)佐藤郁雄オリジナルジュエリー展

佐藤郁雄オリジナルジュエリー展2015年新作が続々登場!!他にはない一点ものです。

リフォーム相談会同時開催

リフォーム相談会引き出しの奥にしまったままのジュエリーはありませんか?

ちょっとデザインを変えるだけで今風のジュエリーに・・・

お持ちのジュエリーを組み合わせて、より貴方らしいジュエリーに・・・

「甦るジュエリー」 ジュエリーと共に素敵な時間を・・・

Sさんのお友達のジュエリーリフォーム②

「沢山お持ちの中からジュエリーリフォーム➀➁➂」でご紹介しましたSさんがお友達Hさんから頼まれたと沢山のジュエリーをお持ちになりました。の続編。

今回のジュエリーリフォームは、お母様の形見でもあるK18WG真珠帯留・Pt850エメラルドリング・Pt900ダイヤモンド5個入一文字リングの3点を使ってペンダントを提案し、ラフフデザイン画を描きました。

ジュエリーリフォーム
エメラルドをメレーダイヤモンドで囲みネックチエーンが通るバチカンにし、真珠をまとめて中央にし、一文字リングのダイヤモンド4個を4隅に配置して、もう1個のダイヤモンドでバチカンと真珠をつなぎ、地金の素材をPt900にしました。

ジュエリーリフォーム