芯が折れた南洋真珠真珠の修理

芯が折れた南洋真珠真珠の修理

南洋真珠プラチナ台リングの1個が留めてある芯の根元から折れてその芯が真珠の中に残ったままでお預かりしました。
もう片方も外してみますと修理した後があり、その修理後が綺麗でないので一緒に芯を立て直し、真珠の中に残っていた芯を細いドリルで削り取って修理いたしました。


三連三色のリングのサイズ直し

三連三色のリングのサイズ直し

三連三色のリングのサイズ直し新潟県からお電話を頂き、外国製の三連三色K18リングをサイズ11番から18番にサイズ直しが出来るかとのお問い合わせでした。

地元の何店かの宝石店で断られ、インターネットで検索しインタージェムを探されたそうです。
お品を送っていただき職人と拝見し、少し縦に長い楕円になるけれど可能と判断してご連絡しましたら、それで納得されましたのでサイズ直しをしました。


海外で求めたリングのサイズ直し

海外で求めたリングのサイズ直し

海外で求めたK14WG(14金製ホワイトゴールド)ダイヤモンド一文字リングのサイズ直しを仙台市内のどの宝石店でも断られて、インターネットをご覧になりインタージェムへご来店いただきました。

海外製品は、純金(58、5%)以外に何んの金属を41、5%混ぜているのか分かりません。
それに、サイズを14.5号から6.5号に詰めるのはかなり難しい作業になりますから、他店で断られても無理も無いと思います。
職人が言うには随分硬い地金の為、地金が割れないように緊張したそうです。
そのような訳でゆっくりと少しづつ丸めてどうにかサイズ直しをいたしましたが、サイズを小さくした場合に爪が開いてしまい留めてある石が緩みますので留め直しと、サイズ直しでロー(同種または異種の金属どうしを接合せしめるために、加熱により溶融して用いる金属あるいは合金をいう。)付けした所が黄色味の地金が出た為、ロジウムメッキをしてプラチナ色に仕上げて出来上がりました。