形見の純金リングとダイヤモンドペンダントで甦るジュエリーリフォーム

おばあさまの形見の純金を使ってご自身が着用していたPt900ダイヤモンドペンダントで、純金ダイヤモンドフクリン留リングをご希望されたG様

純金のリングとダイヤモンドペンダントで甦るジュエリー

純金のリングとダイヤモンドペンダントで甦るジュエリー


加工職人と相談した結果純金だと傷付きやすいので割地金を足してK18リングにしたほうが良いというので、G様に了解を取り酸素パーナーで溶かしてK18の地金を作りました。

純金リングと割金を足してk18地金を作成

純金リングと割金を足してk18地金を作成


厚みのある平打リングにフクリン爪でダイヤを留めて素敵に出来上がりました。余ったK18を板状にしてお戻しし、ダイヤモンドが留てあったPt900ペンダント枠とPt850チエーンは売却しました。

ペンダントのダイヤモンドをk18リングにフクリン爪留と残った地金

ペンダントのダイヤモンドをk18リングにフクリン爪留と残った地金


掛かった費用:¥24,136(税込)
 内訳:加工代¥30,000(税込)− ¥5,864(2021年2月24日時点のPt900とPt850地金の売却代金)=¥24,136

《インタージェムのジュエリーリフォームは、基本オーダーメイドでお作りするジュエリーリフォームです。お客様のお話を十分お聞きしてご希望に添えるようにご提案し、その場でラフデザインを描いてご説明します。そのためご満足いただくには最低1時間以上のお時間を頂いております。》

インタージェムのコーポレート・アイデンティティ
[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]