トルコ石を帯留にオーダーメイド

トルコ石の帯留

だいぶ以前にご主人が海外で奥様の為にお買い求めになった正方形のトルコ石をお持ちになりザインのご相談を受けました。
お客様とお話を伺っていて分かったことは、、お箏をなさっていらっしゃるのでお着物を着られる機会が多いようなのでオーダーメイドで帯留にすることをご提案しました。
素材はK18で作る事にし、デザインはシンプルに心がけて長方形の台の中央にトルコ石を配置して左右の空間に少し太めの金線で唐草模様を入れ西洋的なトルコ石と唐草模様の和を組み合わせました。
上下どらでも使用ができるように唐草模様を上下中央で相対にしました。


海外で求めたリングのサイズ直し

海外で求めたリングのサイズ直し

海外で求めたK14WG(14金製ホワイトゴールド)ダイヤモンド一文字リングのサイズ直しを仙台市内のどの宝石店でも断られて、インターネットをご覧になりインタージェムへご来店いただきました。

海外製品は、純金(58、5%)以外に何んの金属を41、5%混ぜているのか分かりません。
それに、サイズを14.5号から6.5号に詰めるのはかなり難しい作業になりますから、他店で断られても無理も無いと思います。
職人が言うには随分硬い地金の為、地金が割れないように緊張したそうです。
そのような訳でゆっくりと少しづつ丸めてどうにかサイズ直しをいたしましたが、サイズを小さくした場合に爪が開いてしまい留めてある石が緩みますので留め直しと、サイズ直しでロー(同種または異種の金属どうしを接合せしめるために、加熱により溶融して用いる金属あるいは合金をいう。)付けした所が黄色味の地金が出た為、ロジウムメッキをしてプラチナ色に仕上げて出来上がりました。