年末年始営業のご案内

2016年もインタージェムをご愛顧いただき誠にありがとうございました。

これからも皆様にご満足いただけるサービスをスタッフ一同心がけて参りますので新年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

又、インタージェムは12/31~1/1 休業日とさせていただきます。

来る2017年は、1/2より通常通り10:00~19:00初売りを開催いたします。

一年に一度のお得な初売り。是非お待ちしております。

ルビーリングの甦るジュエリーリフォーム

ジュエリーリフォームのご希望でルビーファッションリングをお持ちになったO様。
色々お話をお伺いすると、ルビーだけのシンプルなデザインにしてほしいとのお願いでした。


ルビーの留まっている台座をそのまま使うことを提案し、赤丸で示した小さなダイヤモンドを丸く切取りルビーの両サイドに使用しました。
リングのウデ(指を通す部分)を強度を保つように通常より厚みを付けて細くしました。


O様の為のオリジナルオーダーメイドジュエリーをご覧になり、希望通りにできたのでとても喜んで頂きました。

掛った費用:¥48,400 (余った地金を加工賃に入れてもらいました。)

お客様の思いを形にするオリジナルオーダーメイドのジュエリーリフォームすなわち甦るジュエリーです。これが、インタージェムのコーポレート・アイデンティティである[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]です。


海外製ピアスをイヤリングに甦るジュエリーリフォーム

ヨーロッパにご旅行されてイヤリングと書いてあったので買い求めたらピアスだったので作り直してほしいと、インタージェムのHPをご覧になりご来店されたN様。
素材が貴金属でないのとダイヤモンドに見えるのがガラスでしたから熱をくわえられないむねを説明して出来ませんとお応えしたのですが、とても残念そうでした。

お話をお聞きすると、オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン宮殿で、エリザベート皇后(愛称シシィ)の髪飾りをモチーフにしたものだったそうで、旅行の思い出に求めたものなのだそうです。

皇妃エリザベートの髪飾りをモチーフにしたピアス

私も海外で記念に西洋指貫やショットグラスを買い求めてきますから、N様の直して使いたいという思いが伝わってきましたので何とかして差し上げようとピアスを見て考えてみました。

上の写真でオレンジ色で囲ったピアスの針の部分が簡単に根元から折れたので、赤色で囲った部分をシルバー製バネ/ネジ式イヤリング金具に取り換える提案をしました。

それは、耳に着けないときは金具が飾りの上に出て見えてしまいますが、耳に着けると耳たぶで抑えることと、正面からイヤリングを見ると金具が隠れてしまうことを説明してイヤリングにジュエリーリフォームいたしました。
出来上がりをご覧になられたN様、とても感激されました。

ピアスからイヤリングにジュエリーリフォーム

写真の赤色で囲った部分がシルバーのイヤリング金具でこの部分を取り付けるのに板バネの調整や穴のサイズを削って合わせたりと工賃が意外にかかってしまいました。

掛った費用は¥6,000(税込)