失くしたブランドイヤリングの片方をペンダントにジュエリーリフォーム

失くしたブランドイヤリングの片方をペンダントに

新婚旅行で外国からお買い求めになったブランド・イヤリングの片方を
失くされ、残された片方をペンダントにジュエリーリフォームして欲しいというご依頼です。
素材が貴金属で無い事と、付いている石はガラスですので火をあてる
事ができません。

バチカンしかし私には目算があったのでお引き受けしました。
その目算と言うのがK18で、ペンダントのバチカン(チェーンが通る金具)の下に上下に爪をつけた楕円の板を付けて作ったのが左の写真です。

裏面イヤリング(写真 before)の金具を切り取り、中央の空間に、作ったパーツを裏から差込み表に出た爪を曲げて留めます。
(左写真)そうすると表側から見るとペンダントの出来上がりです。(写真 after)