片方を失くしたイヤリングなどの甦るジュエリーリフォーム

仙台の雑誌「Kappo闊歩」に掲載されている《甦るジュエリー》をご覧になり、色々お持ちのジュエリーをご持参になられたS様。
『何かできるかしら』と仰るので、最初は費用を掛けない方法で試しにジュエリーリフォームされることをおすすめして次の3点を選びました。
➀ 片方を無くしたK18メレーダイヤモンド付イヤリング
➁ 6石のサファイアが好みでないと言われる南洋真珠ペンダント。
➂ もうイヤリングをされないというK18のサファイヤイヤリング。

ジュエリーリフォーム ビフォア

写真➀と➁のジュエリーでペンダントにし、➂でスティック・ピンにすることをご提案。

ジュエリーリフォーム アフター

片方を無くしたアンシンメトリーのイヤリングを利用した南洋真珠ペンダントも、サファイアのイヤリングがマスカレード仮面のように出来上がったスティックピン・ブローチもS様だけのオリジナ・オーダーメイドジュエリーのようになり、とても気に入って下さいました。

費用は、ペンダントが¥15,000(税込)、スティックピンが¥35,000(税込)で出来上がりました。(イヤリングの外したK18パーツを職人に引き取ってもらい工賃を安く出来ました。)


真珠のピアスをイヤリングにジュエリーリフォーム

真珠のピアスをイヤリングに加工

ピアスに真珠が下がって動くタイプのデザインの変えないでイヤリングにジュエリーリフォームして欲しいと依頼を受けて預かりました。

イヤリング金具に直付けすると、真珠がU字金具にあたってる為に、スムーズに揺れません。
そこで、丸玉の後ろに円柱の形で伸ばしてU字の金具にあたらないように工夫しました。