形見の印台リングを2本のリングにジュエリーリフォーム

千葉県のS様からインタージェムのお問い合わせにメールが入りました。

メッセージ本文:
この指輪の素材を使って2つの指輪に作り変えてほしいのですが出来ますか?
素材は18金で重さは8gでした、デザインはシンプルな形がいいです。
 

形見の小判型印台


通常1本作って残った地金や削って出だ金の粉を再度溶かして作ると工賃が掛るので、20%の18金地金を足して2本で8g弱に作ることにしました。

形見のK18印台を溶かしている写真


職人の所に行き、印台に約20%のK18の金を足して溶かしている写真を撮ってS様に写真を送り、間違いなく形見のリングを使ったことを報告しました。

形見の印台からできた2本の甲丸リング


掛った費用:¥54,000(税込)

K様からお礼のメールが届きましたので了解を頂いて全文を掲載いたします。

先ほど指輪が届きました、結婚指輪との相性も良く大満足です。

突然のクモ膜下出血で亡くなり最後まで祖母が付けていた指輪でした。
どこの宝石店でも溶かしての作り直しはやってないと断られましたが、たまたまインタージェムさんの過去のリフォーム画像が出てきてそこから電話をして結果こんなに素敵な指輪にしていただき本当に感謝です。
この指輪は亡くなった祖母も形見でもらった指輪だったのでとても大事な指輪でした。
一工程ずつ写真が送られてきたのでとても安心出来ました、また何かありましたら是非宜しくお願いします。
本当にありがとうございました。

メールをお読みして、こんなに喜んでいただき、亡くなられたお祖母様の思い出を大切にされるお手伝いが出来てジュエラー冥利に尽きると感じるジュエリーリフォームでした。