カフスとタイピンのジュエリーリフォーム

叔父様の形見のメンズジュエリーをジュエリーリフォームしたいとエメラルドのカフスとメキシコオパールのカフスとタイピンのセットをお持ちになられたお客様。
ご自身がお着けのダイヤモンド3個の一文字リングも外して使って欲しいとのご希望です。


まず初めに思いついたのがエメラルドのカフスに一文字のダイヤモンド1個を使用してペンダントにすることをご提案しアバウトですがラフ画を描いてご覧いただきました。

メキシコオパールのカフスとタイピンセットと一文字ダイヤモンドを2個使用してリングのご提案をし、同じようにその場でラフ画を描いたご覧いただき受注頂きました。


エメラルドのペンダントをデザインするときに一緒に加工の指示も考えています。
宝石が付いているジュエリーをジュエリーリフォームする時は、熱を加えるため宝石を台座から外しますが、最近は外さないで加工できるようになりその加工の出来る所に依頼します。

メキシコオパールのリングは、指のサイズが大きい型でしたので一文字リングでダイヤモンドが横に来ても違和感のないようにすべて伏せ込み留にすることに考えました。


お客様にご覧いただくと、ラフ画から出来上がりの想像が出来なかったようで、出来上がりを見てとても感激して喜んで下さいました。
インタージェムの甦るジュエリーリフォームは、オリジナル・オーダーメイドです。

掛った費用:¥155,799

エメラルドペンダントの加工代:¥59,000
オパールリングの加工代:¥200,000
地金売却価格:¥103,201(2017年5月2日時点)
加工代(¥59,000+¥200,000)-¥103,201=¥155,799


カフスとタイタックのジュエリーリフォーム

お父様の形見のK18製ダイヤモンドカフスとタイタックのメンズセットをご持参になられたお母様とお嬢様、『デザインして何か作れますか?』といわれました。

形見なのでデザインを変えないでカフスをピアスに、タイタックをペンダントにすることをご提案いたしましたところ、お母様がペンダントをお持ちになることになりました。


カフスの金具を取りピアスの金具をつけるのですが、カフスが大きいため金具を工夫しました。タイタックの針を取り丸環を作りバチカンを付けました。

デザインを変えずにお父様の想い出をそのままに、ジュエリーリフォームが出来たので大変喜ばれました。

掛った費用:¥14,542
ペンダント加工代¥10,260(税込)+ピアス加工代¥18,550(税込)-カフス金具とタイタック針の売却価格¥14,268(2016年11月25日時点)=¥14,542


リングとカフスをブローチ兼用帯留にジュエリーリフォーム

リングとカフスをブローチ兼用帯留にジュエリーリフォーム

使用しないスモーキークオーツのリングとご主人のカフスを一緒にしてブローチ兼用帯留にジュエリーリフォームのご依頼。
帯留に使用するときに着物を傷めないように宝石の留め方は伏せ込みにしてメレーダイヤで少し豪華さを出しました。