形見の月型甲丸リング2本をジュエリーリフォーム

お祖母様の形見のK18月型甲丸リング2本をお母様から譲られた男性のT様がご来店、形見なのでリングの地金を使って8㎜幅の平打リングに作り変えて欲しいというご希望です。


形見K18リングなので地金を使ってということなので、職人の所に行って溶解して角棒にする型に流すところを写真を撮ってT様にメールで報告しました。

①溶かす前 ②溶かし中 ③型に流し込み ④流し込み終了


リングの厚みをお聞きしていませんでしたのでご来店頂き色々なリングを見てもらい1.8㎜以上2.0㎜に決め、幅を9㎜に変更したいということなのでお預かりした重量では厚み又は幅のどちらかはご希望に添えないことを申し上げ出来るだけ近い数値にすることで了解をいただきました。


T様のご希望通りのオーダーメイド・メンズリングが出来上がりました。
K18平打リングの幅は9.16㎜でしたが、厚みは約1.65㎜になりました。

掛った費用:¥32,400(税込)

T様からメールを頂きました。

佐藤さま

先日、K18リングのリフォームをしました、Tです。
お世話になっております。
指輪を受け取ってから一週間経ちました。当初ご相談させていただいた通り普段使いをしておりますが、装着時の違和感や不満足な点は無く、とても満足しております。特に良かったのは、指輪のデザインです。ただの平打ちとおもわせておきながら、実は指にあたる側、外側に緩やかなカーブをつけていただいたので、フィット感や見た目が優しいです。
眠っていた祖母の形見を見事に復活させていただき、ありがとうございます。
今回の私のやり取りを見ていた母が、ジュエリーリフォームに興味を持ち始め、眠っているけど、思い入れがあり売ることができないジュエリーをあつめだし、インタージェム様に相談しに行きたいと言っております。
今後もお世話になると思います。
よろしくお願いいたします。


メキシコオパールリングをペンダントにジュエリーリフォーム

インターネットでインタージェムのHPをご覧になり、ご主人とお子様2人とご来店頂いたS様。
亡くなられた叔父さんから頂いた形見のK14WGメキシコオパールリングとご自身のチエーンが切れて使わなかったというブルーダイヤメレーの付いたペンダントをお持ちになられました。

チエーンの修理とK14WGオパールリングを何かに作り変えたいというご希望です。
クローバーの下にオパールを付けてペンダントにすることを提案しました。

チエーンの修理は先端に小さな丸カンをロー付けすれば簡単なのです。
ところが、メキシコオパールリングを顕微鏡で観察したら写真の2ヶ所に問題があります。
Aの方はガードルの所に長方形に欠落した部分がありますオパールを外しても大丈夫です。
Bには爪の下に貝殻状にヒビ割してるのでオパールを外した時に欠落してしまいます。

そのことをお話しして爪の下なので表面からは見えないので作ることにしました。
顕微鏡で確認してもらい、写真をプリントアウトしてサインをしてお預かりしました。
その時、メキシコオパールリング外した空枠を販売することおすすめしました。

出来上がりをご覧になったご主人が、とても良く出来て凄いと一番喜んで下さいました。
S様は、数か所のお店で相談したらオパールだからと断られて困ったそうです。

掛った費用:¥9,785
 内訳:加工代¥15,000(税込)-¥5,215(2017年10月04日時点の売却価格)=¥9,785

お客様の思いを形にするオーダーメイドのジュエリーリフォームすなわち甦るジュエリーです。
これが、インタージェムのコーポレート・アイデンティティ
[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]です。


キャッアイリングのジュエリーリフォーム

海外でお求めになったキャッアイリングをジュエリーリフォームをご希望のN様がご来店。
リングにセットしてある中央のキャッアイ効果の出る石は天然クリソベリルキャッアイで、取巻きのホワイト石も天然ダイヤモンドでした。
台座をX線分析装置で検査してもらうと銀で出来ていることがわかりました。

お話を伺うと、ダイヤモンド取巻きだと華やかなので変えたいと前々から思っていたようです。
取巻きのダイヤモンド10個に2個足してラフデザイン画をお見せしました。

N様の為にデザインして出来上がったオリジナルジュエリーリングご覧になったN様は、『華やかな中に落ち着いたデザインになりましたね。』と大変満足されました。

インタージェムのジュエリーリフォームは、お客様のお持ちになられたジュエリーをお客様のご希望をお聞きしながら、お客様にお似合いのジュエリーに仕立てるオーダーメイドでありオリジナルデザインジュエリーです。

掛った費用:¥126,000(税込)


ダイヤモンドファションリング2本のジュエリーリフォーム

以前、福島県からインタージェムのホームページをご覧になってご来店くださいましたK様。
プラチナのダイヤモンドファッションリング2本をお持ちになり、1本のリングにジュエリーリフォームして欲しいというご希望です。


K様のご希望は、⓵全てのダイヤモンドを使用して華やかに、⓶サイズは4番で小指にするピンキーリングに、⓷ウデ(アーム)を2.4㎜と細くし、この三つの条件を満たすラフ画を描いてご覧いただきました。


通常言われているジュエリーリフォームとは違い、K様のためのオーダーメイドによるオリジナルジュエリーです。
ご覧になられたK様は出来上がりに大変ご満足頂きました。

掛った費用:¥110,025
   内訳 加工代¥125,000(税込)-¥14,975(2017年5月16日時点の売却価格)=¥110,025


2本のリングを1本にオーダーメイドジュエリーリフォーム

指のサイズが合わなくなったのともっと華やかなデザインにして欲しいと訪れたS様。
お持ちになられたのは全く違ったタイプのK18ゴールデン南洋真珠リングと、Pt900ペアシェープカットはセンターに入ったダイヤモンドリングです。


全く違ったタイプのリングを合わせるときのパターンには色々あるのですが、南洋真珠の直径があるので一緒にまとめるのにはバランスが合いませんのではフリーサイズのようなリングを考えてラフ画を描いてお見せしましら。


メレーダイヤモンドをすべて使用したのでとても華やかなジュエリーになり、お客様の希望によるオリジナルオーダーメイドジュエリーになりました。

納品時のS様、出来上がりをご覧になって『ワァー素敵にできましたねぇー!』ととても感激されて何度も指に着けて喜んで下さいました。

掛った費用:¥168,256
   内訳:¥187,000(加工代)-¥18,744(地金売却価格2017年7月31日時点)=¥168,256


K様のオーダーメイドジュエリーリング制作2

ルビーオーダーメイドリングを作られたK様が同時にお持ちになられたサファイアをセンターストーンとしてペアシェーパーカットとラウンドの小粒ダイヤモンドを周りに配したオリジナルオーダーメイドリングの制作を依頼されました。この宝石も買取に業者に持ち込んだら宝石を返されたそうです。


幅広のリングですべてのダイヤを使用することでラフデザイン画を何点かその場で描いてデザインを決め、サイズとか地金をプラチナで作ることなどを決めてお預かりいたしました。


出来上がったリングを手に取って、思い通りの出来上がりにとてもお気にいられたご様子に私も嬉しくなりました。K様は、インタージェムHPのジュエリーリフォームページをご覧になって福島県からわざわざご来店いただきましたありがとうございます。。

掛った費用:¥313,000 (メレーダイヤモンド0.329ct追加 、プラチナ15.98g使用)


K様のオーダーメイドジュエリーリング制作1

インタージェムHPのジュエリーリフォームをご覧になった福島県のK様ルビーとメレーダイヤモンドをお持ちになられましょた。お話をお聞きすると『指輪を買い取りに出したら貴金属だけ買い取りをして宝石を返されたのでピンキーリングを作ってほしい』とのご希望です。

いろいろとお話を伺って、その場でラフデザインを描いてご覧を頂き、台座に使用する地金はプラチナで決まり出来上がったのが次の写真です。

加工賃:¥135,000

ご希望通りの出来上がりにとてもご満足されました。


オーダーメイドジュエリーのご依頼

個人的にもインタージェムでもお世話になっているSさんがK18八角形ペンダントと使用しなくなったジュエリーをお持ちになりました。
お話をお聞きすると、➀八角形ペンダントと同じデザインで大きさを大きくして、➁八角形の面に小さなダイヤモンドを入れるオーダーメイドのご依頼。➂そして使用しなくなったジュエリーの地金を使って作って欲しいとの希望です。

➀のご希望について、正確な八角形を作るのは手造りでも結構面倒なのでCADで制作して頂くことにしました。
➂の使用しない地金を使ってというのですが、K18・K9・K18/PT・WGなど色々な地金がありますのでこれは売却することにしました。

CADオペレーターと何度も打合せをしてCADが出来上がってきました。

申し分ないCAD画に満足してGOサインを出して出来上がりました。


Sさんからメールを頂きました。
『八角形のペンダントトップありがとうございました。
出来上がりに、感動しました。みんなに褒められます!!』

掛った費用:¥116,523(税込)
ペンダント加工代¥132,000−地金売却価格¥15,477(2017年5月09日時点)=¥116,523


カフスとタイピンのジュエリーリフォーム

叔父様の形見のメンズジュエリーをジュエリーリフォームしたいとエメラルドのカフスとメキシコオパールのカフスとタイピンのセットをお持ちになられたお客様。
ご自身がお着けのダイヤモンド3個の一文字リングも外して使って欲しいとのご希望です。


まず初めに思いついたのがエメラルドのカフスに一文字のダイヤモンド1個を使用してペンダントにすることをご提案しアバウトですがラフ画を描いてご覧いただきました。

メキシコオパールのカフスとタイピンセットと一文字ダイヤモンドを2個使用してリングのご提案をし、同じようにその場でラフ画を描いたご覧いただき受注頂きました。


エメラルドのペンダントをデザインするときに一緒に加工の指示も考えています。
宝石が付いているジュエリーをジュエリーリフォームする時は、熱を加えるため宝石を台座から外しますが、最近は外さないで加工できるようになりその加工の出来る所に依頼します。

メキシコオパールのリングは、指のサイズが大きい型でしたので一文字リングでダイヤモンドが横に来ても違和感のないようにすべて伏せ込み留にすることに考えました。


お客様にご覧いただくと、ラフ画から出来上がりの想像が出来なかったようで、出来上がりを見てとても感激して喜んで下さいました。
インタージェムの甦るジュエリーリフォームは、オリジナル・オーダーメイドです。

掛った費用:¥155,799

エメラルドペンダントの加工代:¥59,000
オパールリングの加工代:¥200,000
地金売却価格:¥103,201(2017年5月2日時点)
加工代(¥59,000+¥200,000)-¥103,201=¥155,799


パールネックレスからリングにジュエリーリフォーム

今回のジュエリーリフォームは、アコヤパールネックレスとタヒチパールネックレスそれぞれからセンターの大きい真珠をはずしてそれをリングにして欲しいというご希望でした。

ネックレスの真珠は穴が貫通していますから、普通のリングに留めると穴が見えてしまいます。
その時にひらめいたデザインがリングから伸ばしたウデの先端にダイヤモンドを留めて、パールはその腕に固定する方法を考えてみました。

アイデアを形にするには結構色々な問題が出て、試行錯誤の結果写真のようにできました。

リフォームと言うよりオーダーメイドによる全く新しい感覚のオリジナルジュエリーが出来上がりました。 ご覧になられたお客様、アコヤ真珠リングとネックレスはお嫁さんに差し上げるので、とても良く出来たと喜んで頂きました。

掛った費用:Pt900タヒチ黒真珠リング ¥128,000(税込)
      Pt900アコヤ真珠リング   ¥98,000(税込)