沢山のジュエリーリフォームのご依頼 

大人のためのプレミアムマガジン「Kappo 仙台闊歩」をご覧になられたO様が、お父様のタイタック・カフスセットやリングを沢山ご持参になって、ジュエリーリフォーのご相談にご来店頂きました。

色々お持ちになられたジュエリーを並べました。

ご希望をお聞きしてご提案したしたジュエリーに番号を付けて分けてみました。

は、お父様の形見の真珠カフスをO様のご希望でイヤリングにすることにしました。
金具を外してイヤリングパーツを付けてジュエリーリフォーム。

お父様が大切に使用していた真珠のカフスがジュエリーリフォームによって、O様の希望通りにオリジナルイヤリングに甦りました。
掛った費用:¥42,000(取り外したカフスの金具は➆と➇のリング加工に使用)

は、お母様のカンテラ・オパール* リングの高さを低くしたいというO様のご希望でした。
リングの高さを出しているのがⒶの部分なので、そこを取って下げ、台座に接続すると脇に空間が出来たのでK18の唐草模様を溶接して安定とデザインの両方を兼ねることが出来ました。

低くなってイメージも変わったリングを見てお母様が喜ぶと思うと感激してました。
掛った費用:¥30,000(取り外したⒶの部分は➆と➇のジュエリーリフォームに使用)

カンテラ・オパール* cantera opal :母岩とともにカットされたメキシコ産ファイアーオパール。カンテラはファイアー・オパールの母岩である流紋岩質の岩石のメキシコ名(出典:川崎 猛氏編集 日本ジュエリー協会発行「ジュエリー用語辞典」)

は、黄緑色の宝石クリソプレーズ(カルセドニグループ)と象牙のK19製ペンダントです。
このペンダントはジュエリーリフォームでなく、茶色に変色した象牙をペンダント枠から外して特殊な方法で変色を取り綺麗にしました。(ライトの影響で色味が違いますが同じ品です)

『とても綺麗になりましてね、これなら着けて外出できますね』と喜ばれました。
掛った費用:¥5,000(税込)

は、お父様の形見のK14WG製ダイヤモンドカフスのジュエリーリフォームです。
お二人のお嬢様に差し上げるお考えで「ゆれるダンシングストーンペンダント」をPt900でのご希望です。
デザイン見本からシンプルなペンダントを2個選ばれました。

掛った費用:¥39,000 x 2個=¥78,000
ご覧になられたO様は『喜ぶと思うわ』と言われ、Pt850チエーンもお求め頂きました。

のタイタックは➃のK14WGカフスからダイヤモンドを外した地金を使ってアーム幅4㎜の平打アーム(腕)を作り、O様がご着用するリングへジュエリーリフォームすることになりました。

お父様のタイタックがリングに甦ったのを着けられて大変ご満足されていました。
掛った費用:¥18,375(税込)
 内訳:工賃¥30,000-¥11,625(2018年3月19日時点のK14WG地金売却価格)=¥18,375

のサンゴリングとペンダントをインタージェムのジュエリーリフォーム「灰銀色半形養殖真珠の甦るジュエリーリフォーム」に載っていたようなリングにして欲しいというご希望です。

デザインは決まりましたが、サンゴの枠の形状を職人と相談しながらベストの形を考え、尚且つ指にフィットするようにサンゴ同士の間隔を考えてアームの曲線決めました。

『思っていた通りに出来て嬉しいです。』と喜んで下さいました。
掛った費用:工賃¥30,000

の真珠タイタックは➀のカフスとセットだったお父様の形見のジュエリーを➄と同じ幅の平打ちアームでリングを作りました。

真珠を留めるアームに真珠の球面に合わせて削り真珠が簡単に落ちない工夫をしております。
掛った費用:工賃¥30,000

の真珠ペンダントは甲丸型アームにメレーダイヤモンドをセットしてリングを作成しました。

掛った費用:¥30,000

《インタージェムのジュエリーリフォームは、基本オーダーメイドでお作りするジュエリーリフォームです。お客様のお話を十分お聞きしてご希望に添えるようにご提案し、その場でラフデザインを描いてご説明します。そのためご満足いただくには最低1時間以上のお時間を頂いております。》

インタージェムのコーポレート・アイデンティティ
[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]


ダイヤモンドジュエリー3点をジュエリーリフォーム

ダイヤモンドペンダント2点とダイヤモンドリング1点をお持ちになられたO様。
プラチナでペンダントを作って欲しいとのご希望でした。

ダイヤモンドの直径が少しづつ違うので、いろいろご希望をお聞きしながらご提案したのが3個を上から小さい順に並べることにしました。

思い通りに出来たO様の為のオリジナルペンダントジュエリーになり、とても喜んで下さいました。

掛った費用:¥51,270(税込) (枠はすべてO様にお返ししました。)

お客様の思いを形にするオリジナルオーダーメイドジュエリーリフォーム、それは甦るジュエリーです。

インタージェムのコーポレート・アイデンティティ
[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]


パールペンダントの甦るジュエリーリフォーム

インタージェムのHPをご覧になり、お母様から頂いたパール3個が付いたプラチナ製のペンダントをピアスにジュエリーリフォームが出来ないかと相談に訪れまたI様。

ペンダントのバチカン(チエーンを通す)から棒の付いたまま外し、ピアスのスタッド(芯)に通せば1個づつとか2個と1個というように使えるようにご提案して受注しました。(A案)

お帰りになってからその方法だとパールが揺れないことに気付いて連絡し、2個と1個に固定して揺れるようにピアスに丸環を付ける変更の了解を頂きました。(B案)

ピアスに2個付けにするには1個付けより丸環を少し大きくしないと揺れません。

I様の為のオリジナルオーダーメイドジュエリーに甦りました。
出来上がりをご覧になられたI様、とても喜んで頂きました。
そして『早速、写真を母へ送ります。』とにっこり笑って下さいました。

掛った費用:¥8,436
 内訳:加工代 ¥9,000(税込)-¥564(2018年1月31日時点のバチカン売却価格)=¥8,436

お客様の思いを形にするオリジナルオーダーメイドのジュエリーリフォームすなわち甦るジュエリーです。これが、インタージェムのコーポレート・アイデンティティである[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]です。


Pt立爪ダイヤモンドリングを甦るジュエリーリフォーム

インタージェムのHPをご覧になりご来店されたK様。
婚約指輪をシンプルなペンダントにジュエリーリフォームでして欲しいとのご希望でした。


爪も小さく高さもありませんでしたので、腕(アーム)部分と切り離して売却し、バチカン(チエーンを通す部分)を付けるとご希望のシンプルなペンダントになることを説明しました。


写真左はPTダイヤモンドペンダントでK様のご希望通りにオリジナルオーダーメイドジュエリーに甦りました。
写真右は、売却する切り離した腕(アーム)の重量になります。

掛った費用:¥320
 内訳:加工代¥8,500(税込)-¥8,180(2018年1月26日時点の腕の地金売却価格)=¥320


炭化処理オパールリングの甦るジュエリーリフォーム

40~50年程前に求めたというオパールリング2点を頂いたというお客様からペンダントにして欲しいとジュエリーリフォームの依頼されました。

そのリングは、アンダムーカ・オパール(サウス・オーストラリア州の鉱区)で、多孔質のオパールを砂糖液に漬して硫酸によってブラックオパール風に炭化処理されたオパールでした。(参照文献:川崎 猛氏編集 社団法人日本ジュエリー協会発行「ジュエリー用語辞典」)


お客様に説明をしてリングの腕(アーム部分)を使ってチエーンを通すバチカンを作ってペンダントを制作。


お客様のご希望通りにオリジナルオーダーメイドジュエリーに甦りました。
『きちんと説明を受けたので安心して頼めました。出来上がりも気に入っています。』とコメントを頂きました。

掛った費用:¥9,450×2点=¥18,900

お客様の思いを形にするオリジナルオーダーメイドのジュエリーリフォームすなわち甦るジュエリーです。これが、インタージェムのコーポレート・アイデンティティである[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]です。


彫刻された珊瑚リングの甦るジュエリーリフォーム

ダイヤモンドのリングやペンダントなどのジュエリーリフォームでご来店されたO様。
その中にお母様から頂いた珊瑚表面に彫刻された40年位前のデザインの「千本すかしリング」がありました。


お話をしていく中で、珊瑚リングをペンダントにされたいということでした。
千本透かしを残してリングの部分を切り離して、シンプルなペンダントをご提案しました。


O様のご希望に沿ったオリジナルジュエリーリフォームが出来ました。
想いでのリングのデザインを残したペンダントのオリジナルオーダーメイドジュエリーリフォームに大変満足されました。

掛った費用:¥19,200 (切り離したK18腕部分はO様にお返ししました。)

お客様の思いを形にするオリジナルオーダーメイドのジュエリーリフォームすなわち甦るジュエリーです。これが、インタージェムのコーポレート・アイデンティティである[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]です。


角爪リングの甦るジュエリーリフォーム

大阪にお住まいのS様、仙台にお出でになったついでにインタージェムにお寄りになりました。
お母様がお父様から40年位前に贈られた角爪*ダイヤモンド婚約指輪をお母様が着用しないからと頂いたのでペンダントにされたいというご相談でした。
角爪*:石の大きさに比べて大きい四角い箱状の4本爪。


インタージェムでお求め頂いた婚約指輪をお持ちなのでペンダントにしたいとのご希望でした。
ペンダントのデザインをを色々見て頂いたのですが、お父様からお母様へのお気持ちを大切にした形のペンダントをご提案しました。

角爪部分の台座ととリング部分を分離して、リング肩の赤で示した楕円部分をチエーンが通るバチカンにしました。
こうすることで、元のリングのデザイン部分を全て使うことができ、S様の為のオリジナルオーダーメイドジュエリーリフォームになります。
分離したリング部分は地金として売却いたします。


出来上がったペンダントをご覧になり『とても気に入って大切にします』と喜ばれました。


掛った費用:¥11,275
 内訳:加工代¥16,000(税込)-¥4,725(2017年12月08日時点の地金売却価格)=¥11,275
K18WGペンダントチェーンは別売りで¥40,000した。

お客様の思いを形にするオリジナルオーダーメイドのジュエリーリフォームすなわち甦るジュエリーです。これが、インタージェムのコーポレート・アイデンティティである[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]です。


わし爪リングの甦るジュエリーリフォーム

今回は40年位前にご主人から贈られた婚約指輪のジュエリーリフォームに訪れた仙台市に住まわれているS様、当時一般的だったわし爪*ダイヤモンドリングです。
わし爪*:鬼爪の一種、外側に大きく張り出した爪で張り出し位置が下にあるものをいう。


普段指輪を着用しないのでどんなデザインのペンダントにしたら良いかと相談されました。
指輪婚約指輪とお聞きしたので、ご主人の想いを大切にリングのデザインを残したペンダントにされることをご提案しました。


わし爪の部分と指輪の部分を分離して、ダイヤモンドを留めている爪の幅が広いので、1本の爪に穴をあけてチエーンを通すことにしました。
この方法だとチエーンの取り外しができないことを説明してご了承を得ました。



そして出来上がったオリジナルオーダーメイドジュエリーリフォームペンダントをご覧になられたS様、想像していた以上に素敵にできたことと切り離したリング部分を売却した金額が¥10,071になりましたので大変お喜びになられました。

掛った費用:-¥3,591
 内訳:加工代¥6,480(税込)- ¥10,071(2017年12月06日時点の地金売却価格)=-¥3,591

◎ ペンダントに取り付けたPtチエーン¥39,000をお買い上げ頂き、お支払合計¥35,409でした。

お客様の思いを形にするオリジナルオーダーメイドのジュエリーリフォームすなわち甦るジュエリーです。これが、インタージェムのコーポレート・アイデンティティである[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]です。


パールのタイタックを甦るジュエリーリフォーム

約1年前にお父様の海外からのお土産のネフライトキャッアイリングを、ペンダントにジュエリーリフォームをされたS様が、今度はご主人のK18パールのタイタックを持参されてペンダントにジュエリーリフォームのご依頼をされました。

加工の方法は真珠をK18の枠から外して針を切り取り、マルカンにチェーンを通すバチカンを付けてから枠にロー付けするという手順です。

オーダーメイドジュエリーリフォームペンダントの出来上がりをご覧になったS様、とても喜んで下さいました。

加工代:¥7,560(税込)


メキシコオパールリングをペンダントに甦るジュエリーリフォーム

インターネットでインタージェムのHPをご覧になり、ご主人とお子様2人とご来店頂いたS様。
亡くなられた叔父さんから頂いた形見のK14WGメキシコオパールリングとご自身のチエーンが切れて使わなかったというブルーダイヤメレーの付いたペンダントをお持ちになられました。

チエーンの修理とK14WGオパールリングを何かに作り変えたいというご希望です。
クローバーの下にオパールを付けてペンダントにすることを提案しました。

チエーンの修理は先端に小さな丸カンをロー付けすれば簡単なのです。
ところが、メキシコオパールリングを顕微鏡で観察したら写真の2ヶ所に問題があります。
Aの方はガードルの所に長方形に欠落した部分がありますオパールを外しても大丈夫です。
Bには爪の下に貝殻状にヒビ割してるのでオパールを外した時に欠落してしまいます。

そのことをお話しして爪の下なので表面からは見えないので作ることにしました。
顕微鏡で確認してもらい、写真をプリントアウトしてサインをしてお預かりしました。
その時、メキシコオパールリング外した空枠を販売することおすすめしました。

S様の為の世界で一つのオリジナルオーダーメイドジュエリーリフォームを出来上がりをご覧になったご主人が、『とても良く出来て凄い』と一番喜んで下さいました。
S様がおしゃるには、数か所のお店で相談したらオパールだからと断られて困ったそうです。

掛った費用:¥9,785
 内訳:加工代¥15,000(税込)-¥5,215(2017年10月04日時点の売却価格)=¥9,785

お客様の思いを形にするオリジナルオーダーメイドのジュエリーリフォームすなわち甦るジュエリーです。これが、インタージェムのコーポレート・アイデンティティである[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]です。