ダイヤモンドのリングとイヤリングをジュエリーリフォーム

ご自身の婚約指輪をインタージェムでジュエリーリフォームするようにと息子さんにプレゼントしたA様が、ダイヤモンドリングとダイヤモンドイヤリングをお持ちになり息子さんの結婚式にする華やかなリングにジュエリーリフォームをして欲しいと頼まれました。

リング中央にダイヤモンド0.51ct.とメレーダイヤモンド10個 0.20ct.セットされています。
イヤリングには左右それぞれに14個 0.55ct.と14個 0.55ct.がセットされています。

リングの0.51ct.を6本爪で中央にセットして、その周りをメレーダイヤモンドをパヴェ留にする華やかなデザインをご提案しました。
お預かりしたメレーダイヤモンド38個と更に18個 0.51ct.を足して合計1.81cts.しました。
また、幅が広いので着用しやすいように内張りをするようにしました。

華やかに出来たA様の為のオリジナルオーダーメイドジュエリーリフォームになりました。
リングを着用されたA様はとてもご満足しておりました。

掛った費用:¥312,000(税込) (リングとイヤリングの枠はA様にお返ししました。)

《インタージェムのジュエリーリフォームは、基本オーダーメイドでお作りするオリジナルジュエリーリフォームです。お客様のお話を十分お聞きしてご希望に添えるようにご提案し、その場でラフデザインを描いてご説明します。そのためご満足いただくには最低1時間以上のお時間を頂いております。》

インタージェムのコーポレート・アイデンティティ
[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]


ジュエリーリフォーム 甦るジュエリー

甦るジュエリー

<お知らせ>

新型コロナウイルス感染防止にむけてジュエリーリフォームのご相談は完全予約制で行っております。営業時間は10:00から18:00とし日曜・祝日は休業させて頂きます。

お電話でのご予約は 0120-529042

新型コロナウィルス感染症対策実施中
新型コロナウィルス感染症対策実施中

 

リフォーム事例

お父様のタイピンをピンブローチに甦るジュエリーリフォーム

2021年1月31日

お父様の形見のK14WG製メキシコオパールタイピンをお母様から「何かにならないかしら」と託されてご持参になりましたK様。

お父様の形見のK14WGメキシコオパールタイピンをジュエリーリフォーム


色々お話をお聞きして、在りし日のお父様が着けていたタイピンの形そのままをピンブローチにすることを提案しました。

お父様の形見のタイピンがピンブローチに甦りました


出来上がりったピンブローチをご覧になり「母に早く見せたい、きっと喜びます。」と嬉しそうに微笑みました。
掛かった費用:¥33,352(税込)
 内訳:加工代¥37,683(税込)− ¥4,331(2020年11月24日時点のK14WG売却代金)=¥33,352

《インタージェムのジュエリーリフォームは、基本オーダーメイドでお作りするジュエリーリフォームです。お客様のお話を十分お聞きしてご希望に添えるようにご提案し、その場でラフデザインを描いてご説明します。そのためご満足いただくには最低1時間以上のお時間を頂いております。》

インタージェムのコーポレート・アイデンティティ
[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]


着用しなくなったルビーリングをペンダントにジュエリーリフォーム

2021年1月31日

着用しなくなったルビーリングをぺんだんとにジュエリーリフォーム

着用しなくなったルビーリングをぺんだんとにジュエリーリフォーム

ルビーリングがピアスに甦るジュエリーリフォームされました

ルビーリングがピアスに甦るジュエリーリフォームされました

《インタージェムのジュエリーリフォームは、基本オーダーメイドでお作りするジュエリーリフォームです。お客様のお話を十分お聞きしてご希望に添えるようにご提案し、その場でラフデザインを描いてご説明します。そのためご満足いただくには最低1時間以上のお時間を頂いております。》

インタージェムのコーポレート・アイデンティティ
[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]


色の綺麗なサンゴのイヤリングをピアスにジュエリーリフォーム

2020年12月31日

とても綺麗なK18製サンゴのイヤリングをご持参になられたH樣、デザインはそのままでピアスにジュエリーリフォームをご希望されました。

綺麗なサンゴのイヤリングをピアスにジュエリーリフォーム

綺麗なサンゴのイヤリングをピアスにジュエリーリフォーム

サンゴは有機質なためイヤリングにセットしたまま熱を加えるとサンゴに悪影響を与えます。幸い接着剤でセットしてあったのでサンゴを外してピアス加工して、再度接着剤でセットしました。簡単なような加工ですがセットされている宝石によって一手間かける事が大切です。

綺麗なサンゴのイヤリングをピアスにジュエリーリフォーム

綺麗なサンゴのイヤリングをピアスにジュエリーリフォーム


掛かった費用;¥6,174(税込)
    内訳;加工賃 ¥11,820(税込)− イヤリングパーツ売却代金¥5,646=¥6,174

《インタージェムのジュエリーリフォームは、基本オーダーメイドでお作りするジュエリーリフォームです。お客様のお話を十分お聞きしてご希望に添えるようにご提案し、その場でラフデザインを描いてご説明します。そのためご満足いただくには最低1時間以上のお時間を頂いております。》

インタージェムのコーポレート・アイデンティティ
[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]


お母様の形見の純金リングを甦るジュエリーリフォーム

2020年12月27日

お母様の形見の11.86gで幅6.2mm.の純金甲丸リングをご持参して平打リングに作って欲しいと大学生のお嬢様とご一緒にご来店されたO樣。

お母様の純金リングをジュエリーリフォーム

お母様の純金リングをジュエリーリフォーム


ご希望をお聞きすると、お母様がいつも着けていたこの甲丸リングの純金地金だけ使って幅6mm.、厚さ約1.00mm.、サイズ13番で平打リングにジュエリーリフォームしました。

幅広の平打ちリングにジュエリーリフォーム

幅広の平打ちリングにジュエリーリフォーム


甲丸リングが平打リングに甦りました。重量は7.50gで出来上り、3.0g余ました。
掛かった費用;加工代金¥37,500(税込)− 地金売却代金¥18,574=¥18,926

《インタージェムのジュエリーリフォームは、基本オーダーメイドでお作りするジュエリーリフォームです。お客様のお話を十分お聞きしてご希望に添えるようにご提案し、その場でラフデザインを描いてご説明します。そのためご満足いただくには最低1時間以上のお時間を頂いております。》

インタージェムのコーポレート・アイデンティティ
[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]


ブルーサファイアリングのジュエリーリフォーム

2020年12月26日

お母様から頂いたプラチナ製サファイアリンリングをご持参になられたT様。

ブルーサファイアリングのジュエリーリフォーム

ブルーサファイアリングのジュエリーリフォーム


お話を伺うとシンプルなデザインのサファイアリングにジュエリーフォームされたいというご希望でした。サファイアを横使いにしてフクリン留にし、元枠に付いていたダイヤモンド2個をアームの左右に配置して掘留にしました。地金はお母様の元枠を溶かしてリングにする事にしました。

シンプルなリングにジュエリーリフォーム

シンプルなリングにジュエリーリフォーム

蘇ったジュエリーをご覧になられたT様『サファイアを横使いでとご提案して頂いたとても素敵な出来上がりで満足です。』と喜んでいただきました。
掛かった費用;加工代¥33,000(税込)

《インタージェムのジュエリーリフォームは、基本オーダーメイドでお作りするジュエリーリフォームです。お客様のお話を十分お聞きしてご希望に添えるようにご提案し、その場でラフデザインを描いてご説明します。そのためご満足いただくには最低1時間以上のお時間を頂いております。》

インタージェムのコーポレート・アイデンティティ
[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]


もっとリフォーム事例を読む

瓦礫の中から探した形見のリングをジュエリーリフォーム

瓦礫の中から探した形見のリングを
(写真上)左がお預かりした印台(17.69g)、右2点の緑色がワックス
(写真下)出来上がったリング(10.37g)とペンダント(4.23g)

2012年2月のある日、K18印台リングの地金を使用してジュエリーリフォームしたいと電話を受けました。その日に、ご高齢のお母様とお嬢様がご来店くださいました。
通常、デザインブックから希望のデザインを選んで頂き、お預かりした地金を使ってロストワックス製法で加工を致します。

今回もそのつもりでお預かりしたのですが、お帰りになってから気になったものですから、お嬢様にお電話しましたらお父様の形見だと仰るのです。

どんなに努力してもロストワックス製法で加工すると、お預かりした金地金の10%位しか出来上がったリングに含まれないことをお話しました。
そして、同じようなデザインで印台を削って手作り制作し、削って出た金の粉を溶かしてペンダントを作ることを提案しました。

ご希望のリングとペンダント(写真)
ワックスを取り寄せ⇒ワックスと同じように印台を削る⇒削った粉を溶かす⇒リング中央のパーツを制作⇒パーツをロー付け⇒リング出来上がり。
金の粉を溶かす⇒棒状ペンダントとバチカン制作⇒丸環で繋いで完成。
出来上がりをご覧になったお嬢様は、大変喜んでくださいました。

そして、この印台にまつわるお話をしてくださいました。
7年前にお父様がなくなり、形見の印台をお母様のファッションリングにしたいと、色々なお店でその印台の金を使って出来ないかお聞きしたそうです。
ところが、どのお店で言われることは、印台を地金価格で下取りして、その代金に足して他のリングを買って下さいということでした。
どうしても、印台の金を使って作り直したいとお店を探していたそうです。

ところが2011年3月11日の大津波で自宅が流され、瓦礫の中を必死で探してやっと見つけた、たった一つの思い出のお品だったそうです。

その後の一年間は、息子さん家族と別々の借り上げ住宅に住み、気力も失せてしまってご家族の皆さんご心配されてたようです。
ところが、インタージェムで作ってもらえると分かってからは、遊びに来たお孫さんにお昼ご飯を作ってあげたりと、元気になってきたそうです。
また一つ、ジュエリーの持つ素晴らしい力にふれることが出来ました。


形見の水晶印鑑をカットしてペンダントにジュエリーリフォーム

水晶の印鑑をカットしてペンダントに

小学校時代の同級生のお母さんがお友達と一緒にご来店頂きました。
お友達が水晶印鑑を取り出して、ご主人の形見なので普段から身に着けていたいけれどこのままの印鑑だと長すぎて重いので切ることができるか、それをリングかペンダントにしたいと言うご相談でした。
色々ご提案した中で、印鑑の上から1/3を切断してペンダントにジュエリーリフォームすることにしました。残した部分に印が彫ってありましたので研磨してきれいな形にしました。
上の写真がAfterですがBefore の写真を撮らないでしまいましたので
Before の形は想像してください。


形見のリングをペンダントにジュエリーリフォーム

形見のリングをペンダントにリフォーム

お母様の形見のアメジスト・リングを身に着けたいけれど大ぶりなので、細身のお客様にはチョットお似合いになりませんでした。
そこで、そのままのデザインでペンダントに加工する事をご提案しました。
リングの腕部分を切り取り裏側を平らにしてチェーンを通すバチカンをつけて出来あがりました。