ペンタゴン・ペーパーズを観ました


インタージェムHPのエターナル占星術をお願いしている徳間クレア先生から「ペンダゴン・ペーパーズ」のムビチカカードを頂いていましたので先日TOHOシネマズ仙台で観てきました。

映画「ペンタゴン・ペーパーズ」のパンフレット

「ペンタゴン・ペーパーズ」の原題は「THE POST」。べトナム戦争を分析・記録したアメリカ国防総省の最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在を暴露したワシントン・ポストの2人のジャーナリストの実話を映画化した社会派ドラマ。スティーヴン・スピルバーグ監督、メリル・ストリープ、トム・ハンクス出演

社会派ドラマ:退屈なんだろうなと思いもありましたが、さすがスティーブン・スピルバーグの演出はテンポがよく引き込まれてあっという間の1時間57分でした。

国の権力を持った者の驕りが隠蔽や改ざんを引き起こすのか? 見るに値する映画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA