アート・音楽・映画・本一覧

「甦るジュエリー46」の読者アンケート


インタージェムのオリジナルジュエリーリフォームが隔月誌大人のためのプレミアムマガジン「Kappo 仙台闊歩」に「甦るジュエリー~Precious Story~」と題して掲載しています。

「甦るジュエリー ~Precious Story~vol.46」の読者アンケートのコメントが届きました。今回は、アンケートの中に「インタージェムの誌面についてご意見をお寄せください」という項目を追加されましたので15名の読者から貴重なご意見が寄せられました。ありがとうございます。

●祖母のネックレスやイヤリング、母がつけなくなったアクセサリー、色々なものを思い出の色はそのままに、リメイクして愛用したくなりました。素敵なお店ですね。(39歳・女性)
●ジュエリーが大好きなので、こんなふうにリフォームするんだ、と毎号感心して見ています。(47歳・女性)
●毎回、ジュエリーの変化を興味深く見ています。(61歳・男性)
●ちょっと古いデザインのアクセサリーが、今身に着けてもオシャレなデザインになっていて、大事なジュエリーを任せられるお店だと思う。(37歳・女性)
●ジュエリーリフォームというものを初めて知りました。世代を超えて愛されてきた物には世代を超えさせてきた人がいるのだな、と感じました。(27歳・男性)
●親から子に受け継がれるなんてすばらしいですね。使わなくなった指輪がネックレスに生まれ変わるのもいいです。 知らない人も多いと思うので、誌面で例を含めて紹介するのはいいと思いました。(60歳・女性)
●私も指輪よりネックレスを好むようになりました。素材を活かしながら生まれ変わり、また身に着けられるものになるのは良いですね。(55歳・女性)
●ジュエリーがリフォーム出来るとは知りませんでした。しかも手ごろな金額なので、今後検討したいと思います。(54歳・女性)
●記事がわかりやすい。リメイクしたいと思えるし、好感を持った。(36歳・女性)
●とても好きなページです。これからは良い物を大切に使っていきたいと思っていたので、自分もいつか利用してみたいと思った。(45歳・女性)
●自分だけのジュエリーを持つのは良いですね。気になるお店です。(40歳・女性)
●ものを大事にしている考えが伝わってきました。好感が持てる誌面ですね。なんでも時代にあった風にリメイクできるのがいいですね。(68歳・男性)
●いつも見ています。お客様に寄り添う仕事ぶりが勉強になり、仕上がりも素晴らしいです。(57歳・女性)
●私達の時代は、パール、サファイアを母親からもらって、あまりピンとこなく、タンスの中にあります。このようにリフォームをすれば生き返りますね。考えてみたいと思いました。(68歳・女性)
●亡くなった母の指輪も蘇らせたら素敵だろうと思いました。(56歳・女性)

「甦るジュエリー~Precious Story46 ~」をお読みになりたい方は、左上の画像をクリック!


二ノ宮知子先生の単行本「七つ屋志のぶの宝石匣15」が明日発売になります。


2021年8月31日に投稿した「二ノ宮知子先生から色紙が届きました」の続編になります。

その時取材協力のお話を頂いた米国宝石学会同窓会(GIA-AAJ)のメンバーSさんから、「七つ屋志のぶの宝石匣15」の単行本が11月12日に発売になります。つきましては作品協力のお礼として講談社から巻末のクレジットと献本があります。大手出版社からの献本は名誉なことだそうです。と10月18日に連絡がありました。

発行日より1日早い本日ゆうメール便で届きました。また会社に展示させていただきます。

 講談社からのゆうメール便と「七つ屋志のぶの宝石匣15」、巻末ページに<strong>(株)インタージェム佐藤郁雄</strong>と掲載[/caption]

講談社からのゆうメール便と「七つ屋志のぶの宝石匣15」、巻末ページに(株)インタージェム佐藤郁雄と掲載


「甦るジュエリー45」の読者アンケート


インタージェムのオリジナルジュエリーリフォームが隔月誌大人のためのプレミアムマガジン「Kappo 仙台闊歩」に「甦るジュエリー~Precious Story~」と題して掲載しています。

「甦るジュエリー ~Precious Story~vol.45」の読者アンケートのコメントが届きました。
読者の皆様が寄せて下さるご意見がとても参考になります。本当にありがとうございます。

・毎回おとぎ話?絵本の物語?のようなエピソードに心奪われます(38歳・女性)/・きらきらな写真が目を引きます。(41歳・女性)/・婚約指輪、もう身に着けられないものを大事にしまっておくならリフォームして普段使いするのもいいと思いました(46歳・女性)/・昔いただいた指輪をしまっているが、リフォームするのもいい考えだと思った(50歳・女性)/・もうすぐ50回の掲載とは、それだけの方々の想いを形に変えてきたということですね。エピソードが素敵(61歳・女性)
「甦るジュエリー~Precious Story45 ~」をお読みになりたい方は、左上の画像をクリック!


最新作映画「007 NO TIME TO DIE」 を観ました。


007 NO TIME TO DIEのパンフレット表紙とムビチケカード

007 NO TIME TO DIEのパンフレット表紙とムビチケカード

緊急事態宣言も解除したので6代目ジェームズ・ボンド ダニエル・クレイグの最終主演作「NO TIME TO DIE 」をIMAXスクリーンで観ました。
2006年「007 カジノ・ロワイヤル」・2008年「007 慰めの報酬」・2012年「007 スカイフォール」・2015年「007 スペクター」に続く5作品目です。
ダニエル・クレイグの過去作品、特に4作目の「007 スペクター]を観たほうが良いと思います。


「甦るジュエリー44」の読者アンケート


隔月誌大人のためのプレミアムマガジン「Kappo 仙台闊歩」にインタージェムのオリジナルオーダーメイド ジュエリーリフォームが「甦るジュエリー~Precious Story~」と題して掲載しています。その「甦るジュエリー ~Precious Story~vol.44」の読者ハガキによるコメントがKappo 担当者から届きました。読者の皆様のご意見がとてもデザインの参考になります。本当にありがとうございます。

●宝石は石単体ではなく、地金や他の石との組み合わせ、デザインがあってこそ輝くものなのだなと感じました。(32歳・女性)/●ルースのまま頂いたとのことで、なかなか珍しい宝石との出会いですね。3つのジュエリーとして生まれ変わって、石もうれしそう。(37歳・女性)/●宝石をもらったものの、まさか本物だとは思っていなかった話が面白かったです。(55歳・女性)/●誌面を見て、青い宝石が欲しくなりました。(57歳・男性)/●ブルートパーズの写真がキレイ!(58歳・女性)

「甦るジュエリー~Precious Story44 ~」をお読みになりたい方は、左上の画像をクリック!


二ノ宮知子先生から色紙が届きました


二ノ宮知子先生の直筆イラスト画

二ノ宮知子先生の直筆イラスト画

4月29日、米国宝石学会同窓会のメンバーSさんから月刊漫画誌「Kiss」に連載中の二ノ宮知子先生執筆「七つ屋志のぶの宝石匣(ナナツヤシノブノホウセキバコ)」次号で男性のジュエリーが候補に挙がっているので意見を聞きたい、という趣旨のメールが入り。
その日のうちに知っていることを書いて返信しました。

二ノ宮知子先生の連載「七つ屋志のぶの宝石匣」のKiss表紙

二ノ宮知子先生の連載「七つ屋志のぶの宝石匣」のKiss表紙


後日、Sさんから取材協力として(株)インタージェム佐藤郁雄とクレジットタイトルを載せられるというのでお願いしました。先生のサインをお願いしてお渡しできると思います。ご希望でしたらお知らせください。と言ってくださったので、『ミーハーなので宜しくお願いします』と即、返信いたしました。

トップページに取材居力:株インタージェム佐藤郁雄と掲載されています

トップページに取材居力:株インタージェム佐藤郁雄と掲載されています


「甦るジュエリ―43」の読者アンケート


インタージェムのオリジナルオーダーメイド ジュエリーリフォームが隔月誌大人のためのプレミアムマガジン「Kappo 仙台闊歩」に「甦るジュエリー~Precious Story~」と題して掲載しています。その「甦るジュエリー ~Precious Story~vol.43」の読者ハガキによるコメントが届いています。読者の皆様のご意見がとてもデザインの参考になります。本当にありがとうございます。

 

●祖母の形見のネックレスやイヤリングを、リメイクしてみるのもいいなぁと思いました。年代を越えて使い続けられるのは素晴らしいですね。(38歳・女性)/●ジュエリーのオーダーや相談というと対面式なので、このご時世少し心配な点もあるが、対策がしっかりされているのが分かって安心できる。(47歳・女性)/●年齢とともに好みも変わるというのは納得です。年齢に合ったものを身に着けたいです。(52歳・女性)/●サファイアの中にガーネットのような内包物が見つかったということに驚きました。そういったことに気付けるのも長年の経験があってこそなのだなと感じました。(59歳・男性)/●全く違うものに作りかえるのもいいですが、形見の指輪ということもあり、デザインを一部受け継いだリフォームがいいですね。(62歳・女性)

 

「甦るジュエリー~Precious Story41 ~」をお読みになりたい方は、左上の画像をクリック!


甦るジュエリ―42」の読者アンケート


隔月誌大人のためのプレミアムマガジン「Kappo 仙台闊歩」に「甦るジュエリー~Precious Story~」と題してインタージェムのオリジナルオーダーメイドのジュエリーリフォームを掲載しています。その「甦るジュエリー ~Precious Story~vol.42」の読者ハガキによるコメントが届きました。読者アンケートにお答えて下さる読者の方々のご意見が、とても参考になり感謝しております。ありがとうございます。

●ジュエリーはただ着飾るだけのアイテムじゃないのだなと、記事を読んで思いました。(38歳・男性)/●自分が今身に着けているジュエリーも、形を変えて子や孫へと受け継いでいってもらえたら嬉しいな。(42歳・女性)/●アクセサリーが持ち主の気持ちをくんでリフォームされているのを見て、素敵だなと思いました。(46歳・女性)/●指輪を見る度に大切なお母さまの顔や思い出が思い浮かぶデザインですね。(53歳・女性)/●リフォームの背景にある物語がいつも素敵だなと思って見ています。(61歳・女性)

「甦るジュエリー~Precious Story42 ~」をお読みになりたい方は、左上の画像をクリック!


「甦るジュエリ―41」の読者アンケート


隔月誌大人のためのプレミアムマガジン「Kappo 仙台闊歩」に「甦るジュエリー~Precious Story~」と題してインタージェムのオリジナルオーダーメイドのジュエリーリフォームを掲載しています。その「甦るジュエリー ~Precious Story~vol.41」の読者ハガキによるコメントがKappoの担当者から届きました。読者アンケートは、答えて下さる方々の目線が感じられてとても参考になります。ありがとうございます。

・経験豊富な方に相談にのってもらえるのが心強いです。(37歳・女性)/・祖母が大切にしていたジュエリーを、私や妹が使えるようにリメイクしてみるのもいいな、と思いました。プレゼントにもいいですね。(38歳・女性)/・職人の技を引き継ぐリフォームがいいなと思いました。(44歳・女性)/・お母さまから譲り受けたジュエリーを、リフォームしてプレゼントというのが素敵ですね。(47歳・女性)/・妻がリフォームの相談に行くみたいです。(63歳・男性)

「甦るジュエリー~Precious Story41 ~」をお読みになりたい方は、左上の画像をクリック!


地震でお雛様が・・・


2021年2月13日23:08仙台市を最大震度5強の地震が襲ったのは1週間前で、東日本大震災を彷彿とさせる地震でとても怖い思いをしました。
翌日の日曜日に会社は悲惨な状態だろうと思いながら会社へ向かうと、案の定エレベーターが停止中で階段を歩いて7階まで登りました。
ブレーカーが落ちで暗い事務所の中に入り見て回ると、東日本大震災後に色々と対策していたのでさほどの被害ではなく一安心。

ところが前日に綺麗に飾った7段のお雛様のボンボリが倒れ三人官女から下の人形が落ちて段の上で散乱していました。

地震後のお雛様


あぁ!折角飾ったのにと思いながら、一つ一つ丁寧に飾り直しました。
今日もお客様がおいでになり楽しんでご覧になられておりました。感染予防対策をしておりますので、お近くにお越しの際は安心してお立ち寄りください。
インタージェムの

インタージェムの綺麗に飾られたお雛様