カレッジリングタイプのフルオーダー受注


以前からの男性のお客様が11月にお見えになって、➀カレッジリングタイプで結婚記念のリングを作ってほしい。⓶ご主人の誕生石アメジストと奥様の誕生石ペリドットを入れてほしい。➂クリスマスに奥様へプレゼントするのでそれまでに欲しい。というご要望でした。

カレッジリングの資料を集めてから再度奥様とご一緒にご来店頂きましたところ、奥様は➀あまり大きくない方が良い。⓶デザインも同じでなくとも良い。というご希望ででした。

色々お話をお聞きすると、➀結婚記念日を入れたい。⓶お二人のイニシャルを入れたい。➂ご主人は寅年なので虎の画と楽天イーグルスのフアンなので鷲の画を両サイドに入れる。ということが決まり、デザイン画をお送りすることになりました。

実寸法で書いたデザイン画をメールで送ってCADで制作することで了解を得て、制作をCADオペレーターに依頼しました。

10日ほどで3Dプリンターで作った樹脂製のリングが送られてきましたのでご覧いただいてOKが出ました。

プラチナだとかなり重くなるのと価格が上がるので18KWGでお作りすることになりましたが、出来たらコンサートに着けていきたいから15日まで欲しいと言われて無理をお願いして制作して頂きました。

商品をお渡ししたときに『インタージェムさんにお願いして間違いなかった。』とのお言葉を頂き大変嬉しかったです。

結婚記念リング

祝 富士山の世界遺産登録


ジュエリーリフォーム昨日の6月22日、富士山が世界遺産登録が決定しました。からというわけではないのですが。

先日インタージェムでラベンダーヒスイの帯留めをお作りした大崎市のお客様から、今度はオーストラリアオパールを仙台までお持ちになり、帯留めを作って欲しいと依頼されました。

その宝石を見て富士山に似ているなと思い、お客様がお持ちのそのほかの色石を使って朝陽を受けた富士山をイメージしてデザインを考えてみました。

帯留

帯留そのほかにお預かりした宝石は、ルビー、ピンクサファイア、グリーントルマリン、パライバトルマリン、それに小さいダイヤモンドです。

ラフデザインに宝石をのせて、緑のグリーントルマリンを樹海に、ブルーのパライバトルマリンを湖に見立ててみました。

帯にあたる裏面の加工は、ラベンダーヒスイの時と同じに、帯を傷めないような細工にしました。

ブログラベンダーヒスイの帯留めが出来上がってきました。をご覧下さい。

ラベンダーヒスイの帯留めが出来上がってきました。


北部の大崎市から大きなカボションカットのラベンダーヒスイを、帯留めに加工して欲しいと仙台まで来られ、インタージェムに依頼をされました。
小粒のダイヤを彫留めにして上下に配したデザインにしました。
そして、出来上がってきた帯留めをご覧下さい。

《下の写真にカーソル F4e をあててクリックすると拡大します。》
ラベンダーヒスイの帯留め
帯留めは、帯締め紐を通すバックルに似た金具をロー付けします。(写真左)
今回の帯留めの特徴は、帯留めの金具にあります。
帯を傷めないようにする為と安定感を出すために、帯に当たる面を広くとり通常の金具を付けずに右の写真のようにしました。
側面の細やかな細工が飾りになり特注品であることが分かります。

《下の写真にカーソル F4e をあててクリックすると拡大します。》
帯留めの細やかな細工

ブライダルジュエリー(婚約指輪・結婚指輪)interGEM X LAPAGEのコラポレーション


インタージェムでは、オリジナルのブライダルリングを「万葉の時代、男女とも髪に萩の花を飾り、恋文を萩の花の小枝に結んで贈りあっていた」という古事に習って宮城県の県花である宮城野萩に決めました。
このブライダルリングは、仙台市のインタージェムでのみ販売されます。

パリ在住のラパージュ専属ジュエリーデザイナー上山宗子さんにデザインをお願いし、ブライダルリングの婚約指輪と結婚指輪が素敵に出来ました。

《ゆかしくも華やかな君へ》

萩をイメージしたピンクダイヤが
可愛らしくもあり華やかでもあり上品で落ち着いた印象。

ピンクダイヤの美しく繊細な輝きが
優しく指先を包んでくれるから毎日が嬉しくなる。

2人の絆がより一層深まり輝かしい未来が豊かに
咲きこぼれるよう願いを込めて・・・

詳しくはインタージェムHPのラパージュをクリックして下さい。

《下の写真にカーソル F4e をあててクリックすると拡大します。》
miyaginohagi(宮城野萩)

懐かしい!デザイン (2)


インタージェムからお買い上げ頂いた懐かしい!デザイン(1)の続編。
写真左のネックレスは、オーストラリア オパールの中に虹色に輝く光を見て、希望とか夢を表現しようとデザインしました。
プラチナのネックレスのデザインが、30年前を思い出して懐かしい!

写真右のペンダントは、当時としては珍しい彫刻されたオニキスを見たときに天空から降り注ぐ流れ星のイメージが湧いてきてデザインしました。
斬新なデザインで、いまでも色褪せていないと思いませんか?(自画自賛)

《下の写真にカーソル F4e をあててクリックすると拡大します。》
懐かしい!デザイン (2)

仙台の宝石店、「宝石プロフェッショナル・インタージェム」のHP

懐かしい!デザイン (1)


インタージェムでお求め頂いたジュエリーの磨き直しを依頼された中に
30歳前半(1980年頃)に私がデザインしたジュエリー4点ありました。

デザインした原画を職人に送って戻ってこなかったジュエリーです。
おまけに写真も撮っていませんでしたからとても懐かしい。

今回は、ご許可を頂いた4点のうちリング2点をご紹介いたします。

写真左は、アールデコ調にデザインしたリングにダイヤモンド原石をセット。
輸入メーカーにも正八面体の綺麗な結晶の原石は無く海外から入手した。
原石を指輪にしようなどと思う人は、その当時はいなかったのでしょうね。

写真右は、変形の板ヒスイを仕入れてデザインしました。
腕の下の部分(手のひら側)をヒスイの留めてある形状に
デザインして手作り感を出しました。

《下の写真にカーソル F4e をあててクリックすると拡大します。》
懐かしい!(1)

仙台の宝石店、「宝石プロフェッショナル・インタージェム」のHP

ワイヤーラッピングで蘇ったアメトリン


16年前の1996年に面白いカットのアメトリン(紫水晶アメシストと黄水晶シトリンが一つの結晶の中に現れた宝石)56.33ctの裸石を仕入れました。
ところが仕入れて見たものの、あまりに形が奇抜でデザインのしようがなく、16年間も金庫に眠っていました。

6月のある日、facebookを見ていたらデザイナーTさんのページにアンモライトの石をワイヤーでぐるぐる巻いたペンダントがUPされてたいました。

その写真を見た時に、16年間眠っていたアメトリンがこの方法によってペンダントに蘇ると直感し、メッセージに写真を添付してK18で作ってもらえるか問い合わせしました。

と言うのも使われているワイヤーは、アーティスティックワイヤーという、銅線をメッキしてエナメルコーティングしているワイヤーだったからです。

メールのやり取り後にアメトリンを送って制作して頂くことにしました。
そして思い通りに出来上がってきたのが下の写真です。

アメトリン ペンダント
下のバナー2つをクリックして応援してください!ありがとうございます。
    
携帯サイトからのランキング応援は下記の2つををクリックしてください。
人気ブログランキング / 仙台人気ブログランキング
仙台の宝石店、「宝石プロフェッショナル・インタージェム」のHP

遅咲きの桜ですが・・・


《下の写真にカーソル F4e をあててクリックすると拡大します。》
桜のブローチ3月10日・11日開催したインタージェムジュエリーフェアへ、ご参加頂いたマニファクチャ―ブランド「OKURADO」社長にお願いした、わたくしの特別デザインのブローチが出来上がってきました。

パラジウム、K18WG K18YG 製
花びらは、メレーダイヤモンド(1.02ct)103個使用 
花芯は、イエローダイヤモンド(0.09ct)7個使用
がくと茎は、越前の蒔絵師の手による本朱漆、枝は本黒漆

雑な(謙遜して)ラフ・デザインを卓越した技術力と素晴らしいアレンジ力で制作して頂き大変満足しています。

下のバナーをクリックして応援してください!ありがとうございます。
    
携帯サイトからのランキング応援は下記の2つををクリックしてください。
人気ブログランキング / 仙台人気ブログランキング
仙台の宝石店、「宝石プロフェッショナル・インタージェム」のHP

インタージェムが取り扱う「Lapage-クラッシック」


Lapage パリの風景、歴史をそのままリングに閉じ込めtた
懐かしくもあり、新しさも兼ね備えたコレクション。

Lapageデザイナー上山宗子さんのデザインは細部にわたりこだわっている。
それは、彼女の描くデザイン画から伝わってくる。

ラパージュのデザイン画デザイン画:~Pont-Neuf ポン・ヌフ/セーヌ川に架かるパリ最古の橋~

ラパージュ-クラッシックのエンゲージリング(婚約指輪)
サイドからみると王冠の様にミル打ちをあしらい、
Pt900とK18とのコンビネーションは高貴な表情と可愛らしさをあわせ持つ。
4本爪の石座のデザインにもこだわっている。
サイドから見るとハートが隠されているのが分かる。
サイドのメレーダイヤがまた上品である。

CLASSIQUE【クラシック】ポン・ヌフ左(婚約指輪): ポン・ヌフ   中央・右(結婚指輪):モンマルトル

Lapageのエンゲージリングを贈られたフィアンセは
彼の想いを一生感じることでしょう。

下のバナーをクリックして応援してください!ありがとうございます。
    
携帯サイトからのランキング応援は下記の2つををクリックしてください。
人気ブログランキング / 仙台人気ブログランキング
仙台の宝石店、「宝石プロフェッショナル・インタージェム」のHP

-パリのエスプリをブライダルリングに-


インタージェムが取り扱う「LAPAGEラパージュ」は、パリのエスプリが詰まったブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)です。

ラパージュ専属デザイナー:上山宗子さんデザイナー上山 宗子ウエヤマ ムネコさん(写真)は、2001年に単身フランスへ渡ります。

人・建造物・植物に至るまで 芸術と共存しオリジナルで人間味溢れるパリの街の姿に共感され、2004年 「LAPAGE」のデザイナーに就任します。

眺めの良いアトリエから日々送られてくるデザイン・スケッチには、季節と共に移りゆくパリの街並みと日常がメッセージと共に描かれています。

『思いが形を持ち 形が思いを伝え幸せを感じさせてくれる』パリの芸術性と、日本人の繊細さが融合された上山宗子さんの作品は、立体的で特に360°どの角度から見ても美しく計算されたデザインはまさに「オールアングルデザイン」と言えるのです。-「LAPAGE」オフィシャルサイトから引用-

インタージェムが「LAPAGEラパージュ」を取り扱うときに思ったこと
それは、デザイナーの顔が見え、こういう方が思いを形にしてお届けするというのはカップルにとって一生の宝物になると感じたからです。

下のバナーをクリックして応援してください!ありがとうございます。
    
携帯サイトからのランキング応援は下記の2つををクリックしてください。
人気ブログランキング / 仙台人気ブログランキング
仙台の宝石店、「宝石プロフェッショナル・インタージェム」のHP