Kappo「甦るジュエリー23・24・25」の読者アンケート


インタージェムでは「甦るジュエリー ~Precious Story~」と題したオリジナルオーダーメイドジュエリーリフォームを、大人のためのプレミアムマガジン「Kappo 仙台闊歩」に連載しています。
「甦るジュエリー23・24・25」3号分の読者ハガキによるコメントがKappoのインタージェム担当者から届きました。

・母の指輪もこんなオシャレにしてあげたいです。(35歳・女性)/・オリジナルジュエリーに心惹かれました。(35歳 女性)/・翡翠がきれい。(40歳 女性)/・大切な想い出を受け継ぐジュエリーってすてきですね。(60歳 女性)

・いつも読みこんでしまいます。(30歳 女性)/・3つのリングが、まったく異なる印象のリングになるなんてすごいです。(33歳 女性)/・3世代の思い出が1つの指輪になるなんてステキですね。(54歳 女性)/・大きなダイヤモンドの輝きに目を奪われました。(66歳 女性)/・「リフォームの魅力は宝石に気持ちが込められているところ」という言葉が心に残りました。(70歳 女性)

・こんなに美しく生まれ変わるんですね。(42歳 女性)/・料金もわかって、参考になります。(45歳 女性)/・オパールがすごく美しいですね。(47歳 男性)/・エピソードが素敵なのでいつも楽しみにしています。(55歳 女性)/・魅惑的な色ですね。素敵です。(56歳 女性)/・今回はオパールがとてもキレイです。(66歳 女性)

「甦るジュエリー」~Precious Story ~をお読みになりたい方は、画像をクリック‼

女子大生がインタージェムで学外研修


東北工業大学経営コミュニケーション学科で非常勤講師をしたときにお世話になった渡部教授が、昨年宮城学院女子大学現代ビジネス学部現代ビジネス学科の教授になられていました。

その渡部教授から5月ごろにインタージェムへ学生を連れてきたいので、その時に話をして欲しいと頼まれました。先日の14日(火)に実現しました。

渡部教授と一緒に宮城学院女子大学現代ビジネス学科の女子大生16名がインタージェムに11:00にお越しになりました。

宮城学院女子大学現代ビジネス学科の女子大生16名様のご来店

初めに店内を見て頂きましたら、さすが若いお嬢さん方『インスタ映えする~』と声が上がってました。

渡部教授からご紹介を頂いて緊張している面持ちの私

一通り店内をご覧いただいた後に椅子に腰掛けてもらい、教授からご紹介を頂いて私の講義が始まりました。

東北工業大学電子工学科を卒業したのになぜ宝飾業の世界に入ったかという話から、社会の移り変りとともに事業の仕方を変えてきたことなど約45分間お話ししました。

皆さん真剣にお話を聞いていただきありがとうございます。この中から将来起業される方が現れると嬉しいですね。

イグオサウルスに襲われる‼


インタージェムHPに掲載しているエターナル占星術の徳間クレア先生に頂いたJURASSIC CHOCOLAT

ふたを開けると説明書きに
化石がが教える地球の浪漫 約2億2,500万年前~6,500万年前までこの地球上を支配していた恐竜たち。
恐竜という名前が生まれたのは1842年。
リチャード・オーエンという古生物学者が「恐ろしいトカゲ」という意味のダイノサウソリアという名前を付けたのが最初とか。
いまでも色々な場所で、さまざまな化石が見つかり、新しい発見が生まれています。
誰も見たことのない、でも確かにこの地球上で暮らしていた巨大な生物たち。
遥かな時間を経て化石となった恐竜たちの不思議な世界に想いをはせて・・・。

古生物学者になったつもりで、化石を発掘しました。

砂の中から出てきた化石はステゴサウルスです。
凄い発見と化石の骨を組み合わせたところに・・・
イグオサウルスが襲撃してきて頭部と後ろ足を食べてしまったのです。

あぁこれで世紀の大発見も台無しだー

・・・オシャレに飾る法則・・・


好評を頂いているインタージェムジュエリーフェアが11月6日(日)・7日(月)10:00~19:00まで開催致します。

オシャレに飾る法則 さりげないこだわりが宝物になるジュエリー展

このキャチコピーは、私が言うのもなんですがいつもオシャレなキャッチコピーを考える弊社社長の作です。

下のバナーをクリックするとジュエリーフェアの詳しい内容が現れます

是非ご来場をお待ちしております。

インタージェムジュエリーフェア11月6日・7日開催

演題「仕事とは創造力である」


2016年4月25日、学校法人宮城中央学園SENDAI中央理容美容専門学校の開校50周年記念日に「仕事とは創造力である」という演題で講演をしました。

昨年から学校法人宮城中央学園の理事に就任したことから、3月に理事長から記念日に生徒さんに向けて講演をしてほしいと依頼がありました。

理事に就任してから何か私でお手伝いできることはないかと考えていましたので理事長の依頼を引き受けることにしました。

大学を卒業して起業するまでの6年間を宝石について学び、27歳でインタージェムを設立して40年間になりますが理容美容業については、自分が客として利用する以外のことはよく分かりません。

しかし、宝飾同様に美容理容業は人を笑顔にし喜びや自信を持ってもらうこと、それは本当に素晴らしい仕事だと考えていました。

それには、創造力が豊でないとジュエリーリフォームが出来ないのと同じで、理容美容も創造力を要求される職業だと思い演題を決めて話を組み立てました。

講演を聞いて一つでも思うところがあったら幸いだと思います。頑張れ!

学校法人宮城中央学園 SENDAI中央理容美容専門学校にて講演

ジュエリーフェアも無事に終わりました


ジュエリーフェアの準備から開催そして終了と、多くの方々にジュエリーを身に着ける楽しさを知って頂けたインタージェムジュエリーフェア、充実した3日間だったと思っています。

そして最高気温が8℃と昨日より-8℃も低く、ピーンと張り詰めた空気の中に馬酔木(あせび)にピンクの花が可憐に咲いて、辺りを見渡すと昨日まで気が付かなかった白い梅の花が今にも満開になりそうです。

来週の17日は彼岸の入り、仙台も春の訪れがまじかです。

馬酔木と桃の花

インタージェムのコーポレート スローガン


1月13日「PR現代新春セミナー」にPR現代の下島 仁社長からご招待状を頂いていました。
下島社長とは偶然が重なったご縁を頂き喜んで受講してきました。

12:30受付から17:00まで盛り沢山の内容でしす。私は、セミナーで全てを吸収しようと思っても全ては実行できるものではありません。一つでも身になるものがあればセミナーを聞いた価値があると思っています。

今回、下島社長の「ネクストショップ」7つのアクションに取り組もう!の中で、経営理念を作り現場で生かす!そのための社内外に発するコーポレート スローガンが必要である。と話してくださいました。

インタージェムのコーポレートスローガンは・・・インタージェムは1975年3月創業の社歴40年です・・・ホームページの会社概要に[ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐインタージェム]とコーポレートスローガンが表記してあります。そうなんです、常に実践していることです。
そこで、ホームページのトップページ上部のインタージェムに続いて【ジュエリーを通して人と人の縁をつなぐ宝石プロフェッショナル ショップ】と表示しました。

下記画像をクリックすると拡大しますコーポレートスローガン

他にも実践したことがありますが機会がありましたら記述したいと思います。

映画やコンサートのパンフレット展 in インタージェム


私が、高校時代の1964年頃から映画やコンサートを見たときに買いためていたパンフレットをインタージェムで2月㏠(月)~2月21日(日)まで展示することにしました。

図案の素晴らしさに加えて懐かしさやその時々の時代を感じるものばかりですので是非お出かけください。

映画やコンサートのパンフレット展

飲むべきか・・・


1975年はインタージェム設立の年、
そう、今年は創立40周年記念の年

以前から自宅部屋の片隅に置いてある包み、
かなり重い
何が入っているのかすっかり忘れている。

取り出したらなんと

Glenfidich Private Vintage 1975
Specially bottled for CATHAY PACIFIC

インタージェムの記念日に飲もうと思い、
キャセイ航空のマイレージで求めたもの。

今年飲むべきか・・・、
2025年の50周年まで待つべきか・・・、

手に取ったということは今年飲もう!

Glenfidich Private Vintage 1975 Specially bottled for CATHAY PACIFIC

ブローチを帯留めに


サンゴと白蝶貝のブローチ2点2ヶ月前の2月22日事。
東京都にお住いのH様からHP等で貴社のリフォームが、とても思い出を大切にして加工してくださるのだな、と感じまして、お問い合わせしたくメールいたします。という書き出しのお問い合わせメールがインタージェムにありました。

インタージェムでは、お客様がどうされたいのかというご希望やその思いを何とか形にして差し上げようと考えています。このようなメールを頂いて大変光栄に思いました。

メールのやり取りでお母様から譲られた白蝶貝のブローチ(横3.7cm×縦3.2cm)とサンゴのブローチ(横4.8cm×縦1.5cm)を帯留めに加工したいというご希望でした。白蝶貝のブローチは亡くなられたお婆様がお使いだったようです。

カメオブローチに既製品の取り外し可能帯留金具既成品でブローチに取り外し可能帯留金具があるのですが、ブローチの針の長さより既製品の長さが長いこととブローチの縦の幅が狭いの着用したときに表からこの金具が見えてしまいます。
ということでブローチと帯留に通す三分紐の帯締めを送って頂きました。

帯留めに完成送られてきましたブローチの金具に洋銀*と刻印がありましたがシルバーで制作することになりました。
ラフデザインとか三分紐に通した写真や制作途中の写真をメールに添付してお送りしました。
洋銀*:ニッケルと亜鉛の銅合金。銀白色を呈し、体制疲労、耐蝕性に優れ、銀に似た色調や加工性の良いことから銀の代用品として、装身具、眼鏡、洋食器等に使用されている。(出典:社団法人日本ジュエリー協会発行ジュエリー用語事典 編集:川崎 猛)

出来上がりをお送りしましたら下記のメールを頂きました。

インタージェム 佐藤様(社長担当)

お世話になっております。

帯留め、届きました!
画像では拝見していたものの、実物を見てみて、
きっちり丁寧な仕上げで、本当に満足しました。
これで、祖母と母から譲られたブローチを活用することができます。
着用して母に見せに行きたいと思います。
ありがとうございました。

他にも、母から譲り受けた指輪で
レトロなデザインのため活用できずにいるお品もいくつかあって
リフォームを考慮中です。
しばらく先になるとは思いますが、
リフォームの際にはまた貴社にお願いしたいと思っております。
その節はどうぞ宜しくお願いいたします。

可愛いアクセサリーケースもありがとうございました。
とり急ぎ御礼まで。 A・H

喜んでいただけたようで安心しました。