ハワイのショットグラス


CIMG1493H2.JPG  今朝、出社すると机の上にインタージェムでお世話に
 なっている東京のD旅行会社のK女史から小包が届い
 ていましたので早速開けて見ました。
 チョット派手目の化粧をしたフラダンサーが笑って中に
 入っているショットグラスでした。
 私が、ショットグラス・コレクターなのを知っている為、
 添乗で海外に行かれた時は、暗示をかけられたように
 ついつい買ってしまうと言って笑っていましたから今回も気の毒に仕事中だというのに私の顔が浮かんで買ってしまったんでしょう。
いつも気にかけていてくれて、本当にありがとうございます。 
ショットグラスに書かれている文字は、ラム酒、チェリーブランディー、パイナップルジュースで三層の「ハワイアン・サンライズ」というカクテルのレシピです。

“ハワイのショットグラス” への3件の返信

  1. 初めまして。以前指貫を検索した所社長様のブログがヒットして、見事なコレクションの数々に羨ましく拝見しました。コメントを・・・と思いつつ今頃になってしまいました。私も指貫蒐集が趣味で、海外へ渡航時にこつこつためた物、友人からの頂物などでやっと60ぐらいの数になりました。また、偶然な事にショットグラスにも興味があり、積極的に蒐集はしていないものの自然と集まってきたものを大切にして旅の思い出とともに時々眺めております。元々宝石も大好きな私です。社長様は宝石を扱うお仕事をして見えますし、指貫・ショットグラス蒐集は宝石好きな人の一種のパターンなのだろうか?と考えました。何よりも自分が愛する物の価値を分かって下さる方がいらっしゃる事が嬉しいです。今後もご活躍をお祈りしております。またの機会に最近入手されたご自慢の指貫をブログ上で拝見できる事を楽しみにしています。

  2. mikaさん
    コメントありがとうございます。
    私も海外旅行で求めたものが殆どですが、行った事のない国や都市の指貫やショットグラスを頂くと、その場所に行きたくなります。また、一つ一つに訪れた場所の思い出が内在していて見ていると楽しくなります。仕事柄、新婚旅行に行かれるカップルに指貫やショットグラスは思い出になり、かさばらないので記念に買ってくることを薦めて、指貫・ショットグラスコレクターを増殖しています。
    宝飾品も着ける楽しさや美しいだけでなく、お求めになった時の経緯や思い出が重要な共通点なのかも知れません。その思い出作りのお手伝いが出来る仕事をしている事に幸せを感じております。
    これからも、色々な視点から「オーナーズノート」を書いてまいりますので宜しくお願いいたします。

  3. お返事を有難うございます。社長様のお陰で”指貫・ショットグラスコレクター”が増殖し、日本でも一コレクションの地位が確立される日が来るといいなあ・・・なんて夢が膨らみました。宝石は確かに美しいだけでなく、思い出などが微妙に絡み合った記念のものであると言う、指貫・ショットグラスとの共通点、納得させられます。宝石を扱われる仕事は実に素敵なお仕事ですね。
    今後も豊富な話題満載のブログ、楽しみに拝見させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA