演題「仕事とは創造力である」


4月25日、学校法人宮城中央学園SENDAI中央理容美容専門学校の開校50周年記念日に「仕事とは創造力である」という演題で講演をしました。

昨年から学校法人宮城中央学園の理事に就任したことから、3月に理事長から記念日に生徒さんに向けて講演をしてほしいと依頼がありました。

理事に就任してから何か私でお手伝いできることはないかと考えていましたので理事長の依頼を引き受けることにしました。

大学を卒業して起業するまでの6年間を宝石について学び、27歳でインタージェムを設立して40年間になりますが理容美容業については、自分が客として利用する以外のことはよく分かりません。

しかし、宝飾同様に美容理容業は人を笑顔にし喜びや自信を持ってもらうこと、それは本当に素晴らしい仕事だと考えていました。

それには、創造力が豊でないとジュエリーリフォームが出来ないのと同じで、理容美容も創造力を要求される職業だと思い演題を決めて話を組み立てました。

講演を聞いて一つでも思うところがあったら幸いだと思います。頑張れ!

学校法人宮城中央学園 SENDAI中央理容美容専門学校にて講演

チューリップ「オレンジプリンセス」が咲きました


2月22日にUPしました
チューリップ「オレンジプリンセス」。
その時は芽が出たばかりでした。

会社に出社するときどうかなと、
毎日気になって見ていました。

つぼみが出た!と喜んでみたり、
水が足りないんじゃないかと、

そんな思いが通じたのか
綺麗な花が咲きました。

オレンジプリンセス

「甦るジュエリー」連載3年目へ


Kappo vol.81表紙 2016年5月発売
ブログ投稿1ヶ月振りになります。

先月開催したジュエリーフェアが大変好評で終わった後もご注文を頂いたりと忙しくしていたのと、インタージェム40周年のチョットしたイベントを企画したりでブログを書く余裕が生まれませんでした。本当に40年間感謝感謝の思いで一杯です。

さて上に掲載している写真は、「甦るジュエリー ~Precious Story~Vol.13」が掲載されている、大人のためのプレミアムマガジン仙台闊歩「Kappo vol.81 5月号」が今月5日に発売になりました。

「甦るジュエリー 」も連載して3年目に入り13回になると、オリジナルジュエリーリフォームの良さが認知されてきたのかなと思います。

親しくしている業界の大先輩Kさんからメールを頂きました。

佐藤さま

昨日、拝見いたしました。
サンゴのカフスとは、よほど粋な方だったのではないですか。
リフォーム後のペンダントも素晴らしい。
佐藤さんのスナップ写真も、リアリティがあっていいですね。

真摯なジュエラーが、一人ひとりの顧客の心を掴んで、
ほんもののジュエリー文化を作り上げていることに感動します。

今月号は全体に読みごたえがあって、楽しく拝読いたしました。
ありがとうございます。

「甦るジュエリー」は出版社の了解を得てインタージェムのTOPページにバナーが貼られていますのでぜひお読みください。

ジュエリーフェアも無事に終わりました


ジュエリーフェアの準備から開催そして終了と、多くの方々にジュエリーを身に着ける楽しさを知って頂けたインタージェムジュエリーフェア、充実した3日間だったと思っています。

そして最高気温が8℃と昨日より-8℃も低く、ピーンと張り詰めた空気の中に馬酔木(あせび)にピンクの花が可憐に咲いて、辺りを見渡すと昨日まで気が付かなかった白い梅の花が今にも満開になりそうです。

来週の17日は彼岸の入り、仙台も春の訪れがまじかです。

馬酔木と桃の花

チューリップ「オレンジプリンセス」


インタージェムは体型補整下着の技術をいかして乳ガン術後の方々のためのブラジャーを製作している「ラ・ココ」の代理店「ラ・ココ仙台」を運営しています。

その「ラ・ココ」が2月に「オレンジプリンセス」という商品を発売しました。

香川県のサロンから「オレンジプリンセス」をお求め頂いた園芸用品を販売しているKさんが感激してオレンジプリンセスの球根を頂きました。

プランターに植えていたら可愛い芽が出てきました。春ですね!

チューリップ「オレンジプリンセス」の球根プランターに植えていたら可愛い芽が出てきました

インタージェムのホームページに


インタージェムのホームページにフェースブック・ツイッター・インスタグラム・メールの表示がアイコンに変わりました。

スタッフが『スマートフォンでインタージェムのブライダルとジュエリーのトップページを見ると右上にあったフェースブック・ツイッター・インスタグラム・メールの表示がわかり難くスルーしてしまいます。』と言うのです。

どうしたら良いのかと聞くとアイコンにしてら分かりやすいとこたえたから、それだったら、WEBサイトの管理をお願いしているリングファクトリーの岩崎さんに、あなたが直接説明して改善してもらうように話したのが昨夜でした。

『大変な感じでしたから来週ぐらいになりそうです』という報告を貰っていましたら、今朝パソコンを開いたら、もうアイコンが設置されていました。

さすがリングファクトリーの岩崎さんと思いながらスマートフォンを確認。中々良いのですねそれが、やはり若い感覚というかスマートフォンになれているスタッフの提案に感心した今日でした。

インタージェムのホームページにフェースブック・ツイッター・インスタグラムのアイコン設置

ショーケースのディスプレーがアートです


先日のこと
バレンタインデーも終わりショーケースのディスプレイを変えていたスタッフが、『会長万年筆お持ちでないですか、ありましたらディスプレイに使いたいのですが?』と聞いてきました。
大抵の物は何でも持っていると思っているのでしょうね。

待ってましたとばかり、長いこと机の中に仕舞い込んでいたモンブラン マイスターシューティング149とモンブランのインク瓶をドヤ顔で出して渡しました。

ダイヤモンドジュエリーが飾ってあるディスプレイを見たら、筆記体の英文の上にモンブランを置いて雰囲気を出しています。

中々アイデアもセンスも良く、アートだなぁと感心しました。

ジュエリーショーケース

パールネックレスの出番って?


インタージェムでは13日(土)までパールフェアを開催しています。

今回特に顕著なことは、冠婚葬祭用に求める人が誰もいないということ。

ロングマルチカラー南洋真珠やYネックパールなど、チョットしたお出かけや会食にお洒落をして着用したいという方々です。

ブランドや人の真似や流行を追うのではなく、自然に素敵に楽しく自分らしいライフスタイルをお考えの女性が増えているのですね。

素敵なパールの出番です

闊歩3月号に「甦るジュエリーvol.12」掲載


2月5日発売の隔月誌大人のためのプレミアムマガジン「Kappo 仙台闊歩」3月号にインタージェムの連載「甦るジュエリーvol.12」が掲載されています。

今回も眠っていたダイヤモンドブレスレットやプラチナリング等のジュエリーをリフォームによって蘇らせたインタージェムのノウハウを紹介しています。

「甦るジュエリー」も連載を始めて2年間になり20点のジュエリーのリフォームを紹介してまいりました。これからも連載を続け、皆様にジュエリーリフォームによって新たなジュエリーの素晴らしさを知って頂きたいと思います。

もっとジュエリーリフォームについてお知りになりたい方は、インタージェムが手掛けたジュエリーリフォームの一部をホームページでご紹介していますのでご覧ください。

Kappo 3月号の表紙